ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》最高裁が立て続けの容疑者寄り判決=ファキン対他判事の対立深刻=第2小法廷審理に偏り?!

《ブラジル》最高裁が立て続けの容疑者寄り判決=ファキン対他判事の対立深刻=第2小法廷審理に偏り?!

エジソン・ファキン最高裁判事(Nelson Jr./SCO/STF)

エジソン・ファキン最高裁判事(Nelson Jr./SCO/STF)

 【既報関連】最高裁第2小法廷が26日に周囲を驚かせる判決を連発し、関係者の間から「最高裁は戦争状態」との声が出始めていると27日付現地紙が報じた。
 26日の判決は、労働者党(PT)の大物政治家のジョゼ・ジルセウ氏と進歩党(PP)元会計のジョアン・クラウジオ・グヌ氏の保釈、聖州の給食疑惑でのフェルナンド・カペス同州議会元議長(民主社会党・PSDB)への訴訟差し止め、先日、免罪判決を得たPT党首のグレイシ・ホフマン上議と企画相と通信相を歴任した夫のパウロ・ベルナルド氏の公宅で、16年に行われた家宅捜索の無効化だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ