ホーム | コラム | 樹海 | アストリート達の苦しみ

アストリート達の苦しみ

 22日、W杯でのブラジル代表第2戦後、座り込んで泣くネイマールの姿が見られた。終了間際の追加時間に今大会初得点を挙げ、チームとしても初勝利。肩の荷を少しは下したはずのエースの姿を見、高校生の頃流行った漫画に「10人に勝ったら11人分、100人に勝てば101人分努力しなければならない」とあったのを思い出した▼一次リーグの生き残りがかかる試合、彼は常になく荒いプレーを見せ、苛立ちも顕にした。初戦は引き分け、試合中受けた10回のファール故か、直後の練習は足の痛みで早退。気分転換のためか髪型も変えた。メディアから散々非難され、第2戦でも何度かチャンスを逃した後の得点と勝利だっただけに、様々な感情が噴出しても当然だ。まして、術後の回復のための時間もなく迎えたW杯。重圧は相当だったはずだ▼だから、監督や同僚達は皆、彼を庇う発言を繰り返した。だが、メディアは「国民は彼が暴言を吐き、相手チームの選手の顔を平手打ちした事よりも、彼が泣いた事に顔をしかめている」などと書きたてた。著名選手故の期待で重圧を感じていたのはアルゼンチンのメッシも同じで、同国のメディアも色々書きたてたはずだ。だが、彼が初得点を挙げたのは90分内だった事もあり、通常通りプレーした▼他者より優れた者と認められ、期待される事でかかる重圧は経営者などでも同じだ。松下幸之助氏は、業績が出ないと嘆く部下を「血の小便が出るほど努力したか」と叱責している。人間なら泣きたい時があるのは当然だ。だが、選ばれた一握りのエリート達には、悩みや弱さを乗り越えて前進する姿を見せて欲しいと願うのは応援者の常でもある。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く2019年3月28日 シャペコエンセを巻き込んだ事故の生存者逝く  16年11月末に起きた、サンタカタリーナのサッカーチーム、シャペコエンセの選手や監督などを乗せた航空機墜落事故の生存者で、ジャーナリストのラファエル・ヘンゼル氏(45)が、26日夜に突然亡くなった▼航空機事故が起きる確立は低いが、全員死亡という例も少なくない。一部リー […]
  • ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を2019年3月26日 ボウソナロ政権がダメになったら、議院内閣制に政治改革を 「政治改革」と「汚職防止法案」こそ最優先課題    戦後ブラジルでは選挙で選ばれた大統領は、軍政前にドゥトラ、ヴァルガス、クビチェッキ、クアドロス、グラールまで5人、民政移管後はネーヴェス、コーロル、FHC、ルーラ、ジウマ、ボウソナロの6人で計11人だ。  た […]
  • 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉2019年3月22日 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉  14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨 […]