ホーム | コラム | 樹海 | アストリート達の苦しみ

アストリート達の苦しみ

 22日、W杯でのブラジル代表第2戦後、座り込んで泣くネイマールの姿が見られた。終了間際の追加時間に今大会初得点を挙げ、チームとしても初勝利。肩の荷を少しは下したはずのエースの姿を見、高校生の頃流行った漫画に「10人に勝ったら11人分、100人に勝てば101人分努力しなければならない」とあったのを思い出した▼一次リーグの生き残りがかかる試合、彼は常になく荒いプレーを見せ、苛立ちも顕にした。初戦は引き分け、試合中受けた10回のファール故か、直後の練習は足の痛みで早退。気分転換のためか髪型も変えた。メディアから散々非難され、第2戦でも何度かチャンスを逃した後の得点と勝利だっただけに、様々な感情が噴出しても当然だ。まして、術後の回復のための時間もなく迎えたW杯。重圧は相当だったはずだ▼だから、監督や同僚達は皆、彼を庇う発言を繰り返した。だが、メディアは「国民は彼が暴言を吐き、相手チームの選手の顔を平手打ちした事よりも、彼が泣いた事に顔をしかめている」などと書きたてた。著名選手故の期待で重圧を感じていたのはアルゼンチンのメッシも同じで、同国のメディアも色々書きたてたはずだ。だが、彼が初得点を挙げたのは90分内だった事もあり、通常通りプレーした▼他者より優れた者と認められ、期待される事でかかる重圧は経営者などでも同じだ。松下幸之助氏は、業績が出ないと嘆く部下を「血の小便が出るほど努力したか」と叱責している。人間なら泣きたい時があるのは当然だ。だが、選ばれた一握りのエリート達には、悩みや弱さを乗り越えて前進する姿を見せて欲しいと願うのは応援者の常でもある。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • テメル大統領、おつかれさま2018年12月28日 テメル大統領、おつかれさま  今年もあと、もう数日で終わるが、それと同時にテメル政権も終了する。ただ、そのことに着目している人は、もう既にメディアでもかなり少ない▼思えば、この政権ほど地味で不人気な政権もなかった。元々が副大統領で、ジウマ政権崩壊の危機のタイミングで寝返り。法的な違法性こそないもの […]
  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 同じ「神のヨハネ」でも…2018年12月20日 同じ「神のヨハネ」でも…  最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の […]