ホーム | ブラジル国内ニュース | メキシコ大統領選=新興左派のロペス氏当選=2位以下に大差の53%

メキシコ大統領選=新興左派のロペス氏当選=2位以下に大差の53%

 1日に行われたメキシコの大統領選挙で、新興左派政党の国家再生運動のロペス・オブラドール元メキシコ市長(64)が53%超を獲得し、2位以下に大差をつけて勝利したと2日付ブラジル国内紙、同サイトが報じた。
 同氏の勝利は投票時間内の出口調査でも明らかで、投票終了後約45分後には、公式の報告を待たず、ライバルの候補らが敗北を認めた。オブラドール氏も、1日夜には勝利宣言を行った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ