ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》低いポリオの予防ワクチン接種率に懸念=国内312市で接種率50%未満

《ブラジル》低いポリオの予防ワクチン接種率に懸念=国内312市で接種率50%未満

 ブラジル保健省は6月28日、各州、各市の保健局長会議において、ブジルでは全5570市中、少なくとも312市で急性灰白髄炎(ポリオ)が再流行する危険性を指摘したと、6月30日付現地紙が報じた。「免疫計画」のコーディネーター、カルラ・ドミンゲス氏は、「状況は極めて深刻」と語っている。
 ドミンゲス氏は、「ポリオ予防ワクチン接種率50%以下の市では、いつポリオが再流行してもおかしくない」と語る。
 ブラジルでポリオ発生が最後に確認されたのは1990年で、4年後には世界保健機構(WHO)が、南北米大陸からのポリオ撲滅を宣言した。
 ポリオの予防接種率は95%以上が望ましい。だが、州別に見ると、北東部のバイーア州では、ポリオ予防接種率50%未満の市が、全417市中63市(15・1%)もある。「ポリオ予防接種率50%未満の市」の比率が次に高いのはマラニョン州で、217市中31市(14・3%)が同じ状況だ。
 ポリオ予防接種率50%未満の市が一つもない州は、ロンドニア州、エスピリト・サント州、連邦直轄区だけだった。
 麻疹、風疹、はしか、おたふく風邪、ジフテリア、破傷風、百日咳、髄膜炎などの予防接種率も下がっており、ドミンゲス氏は「ブラジルの状況は、1980年代に戻ってしまったかのようだ」と現状を嘆いている。
 保健省は、8月6~24日までの期間で、ブラジル全国規模でのポリオの予防接種キャンペーンを行う予定だ。
 予防接種キャンペーンの予定は6月に保健省が発表。同省は、ベネズエラで発症例が確認されたので予防接種はぜひ受けさせるよう強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ベネズエラ人約400人を移送=12、13日にリオ・グランデ・ド・スル州へ2018年9月14日 《ブラジル》ベネズエラ人約400人を移送=12、13日にリオ・グランデ・ド・スル州へ  ベネズエラ人の大量流入と犯罪増加で、ロライマ州内の緊張が高まっている中、12、13の両日に、ブラジル空軍が約400人のベネズエラ人をリオ・グランデ・ド・スル州に移送したと、12、13日付現地紙サイトが報じた。  今回の移送は、12日に200人強、13日に190人強の […]
  • 《ブラジル》麻疹の患者数1千人超す=ポリオと共にキャンペーン2018年8月3日 《ブラジル》麻疹の患者数1千人超す=ポリオと共にキャンペーン  保健省が1日、同日現在の麻疹(はしか)の患者数が1053人に達したと発表した。前回発表された7月17日現在の数字と比べ、232人も増加していると2日付現地紙サイトが報じた。  現在の患者数は、1999年に記録した908人を既に超えた。ブラジルでの域内感染は2001年 […]
  • 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に2018年8月1日 《ブラジル》8月に予防接種キャンペーン実施=再発が危ぶまれるポリオと麻疹対象に  保健省が7月31日、8月6日~31日に、1歳から5歳までの幼児を対象にした予防接種の全国キャンペーンを実施すると発表した。  今回のキャンペーンの対象は、ポリオ(急性灰白髄炎)と麻疹(はしか)で、まだ1度も予防接種を受けた事がない子供やどちらかの接種を受けていない子供はもち […]
  • 《ブラジル》マナウスで麻疹による死者=リオの擬似患者は13人2018年7月6日 《ブラジル》マナウスで麻疹による死者=リオの擬似患者は13人  【既報関連】麻疹(はしか)の患者急増で緊急事態宣言を出したアマゾナス州マナウス市の保健局が5日、生後7カ月の男児が麻疹で死亡したと発表した。  同日付G1サイトによれば、男児が住んでいたのは、麻疹感染者や感染の疑いのある患者が多い同市東部のジョルジェ・テイシェイラ区だ。男児 […]
  • リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触2018年7月5日 リオでも麻疹の患者発生=感染知らず多数の人と接触  【既報関連】ベネズエラ人難民流入で、ロライマ州やアマゾナス州で麻疹(はしか)の流行が起き、約500人の患者発生が確認されているが、リオ州でも、同州連邦大学(UFRJ)の学生らが麻疹(はしか)に感染していた疑いが生じ、同校が予防接種キャンペーンを実施する事にしたと6、7日付G1 […]