ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発

《ブラジル》教育行政の不正を暴いたジャーナリストに訴訟の嵐=報道協会は「市による法的報復」と反発

 ブラジル人ジャーナリストのウェリントン・マセド氏がセアラー州ソブラル市の市立学校から、精神的苦痛を受けたとして立て続けに59件も告訴されていると16日付地元紙が報じた。
 マセド氏は“悪の教育”と題した取材映像を動画配信サイトYouTubeに配信。そこではソブラル市と、その他三つの市の市立学校に通う生徒や元生徒が、「教員の指示にしたがって、学力測定試験で不正を行った」と語る様子が収められている。
 「内容に虚偽があり、学校としての名誉を傷つけられた」として起こされた59件の訴訟は、損害賠償請求額も、担当弁護士も全て同じ。
 マセド氏は、「不正はソブラル市ぐるみで行われ、首謀者は市長のイヴォ・ゴメス市長(民主・労働党PDT)」と結論付けている。
 イヴォ・ゴメス市長は、セアラー州知事、フォルタレーザ市長、財務大臣、連邦下院議員などを務めた大物政治家シロ・ゴメス氏や、現役連邦上院議員のシジ・ゴメス氏の弟だ。
 この状況にブラジル調査報道協会は、「一斉告訴は、マセド氏の動画を不快に思ったソブラル市による法的嫌がらせ」と断じている。(2月16日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も2019年8月21日 チリ人誘拐犯を強制送還へ=同国内では政治家殺害も  ブラジル政府は、2002年に逮捕され、現在服役中のチリ人の誘拐犯マウリシオ・ヘルナンデス・ノラムブエナ受刑囚を、チリ政府との間での合意により強制送還することに決めたと、20日付現地紙が報じている。  ノラムブエナ氏は2001年に実業家のワシントン・オリヴェット氏を誘拐した、 […]
  • 米国FBI=エジプト人をブラジル国内で追跡=「アルカイダの一味」と言及2019年8月14日 米国FBI=エジプト人をブラジル国内で追跡=「アルカイダの一味」と言及  米国連邦捜査局(FBI)は12日、テロ組織、アルカイダに関連があると疑われるエジプト国籍の男がブラジル国内に潜伏中でその行方を追っていることを明らかにした。13日付ブラジル各紙が報じた。  この情報は、ブラジル外務省も、ブラジル法務省も同時に確認した。外務省、法務省連名の声 […]
  • リオ大都市圏=5日間で若者6人が死亡=軍警捜査の流れ弾被害で2019年8月16日 リオ大都市圏=5日間で若者6人が死亡=軍警捜査の流れ弾被害で  リオ大都市圏では若者が流れ弾で死亡する事件が相次いでおり、9日から13日の5日間で、21歳以下の若者6人が犠牲になったと15日付現地紙が報じている。  14日、リオ市西部のバングーで死亡したマルガレッチ・テイシェイラさん(17)もその一人だ。テイシェイラさんは生後1年10カ […]
  • リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に2019年8月10日 リオ市=男子高校生が流れ弾で死亡=学校へのバスを待つ時間に  9日午前、リオ市で、銃の流れ弾が当たって、バス停にいた18歳の男子生徒が亡くなった。9日付現地サイトが報じている。  現場はリオ北部のチジュッカ区で、亡くなったのは高校3年生のガブリエル・ペレイラ・アウヴェスさんだ。  事件が起こったのはこの日の午前7時20分頃で、ガブリ […]
  • サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ2019年8月13日 サンパウロ州=乳児への麻疹接種対象市拡大=青少年向けはサンパウロ大都市圏のみ  サンパウロ州保健局が12日から、生後6カ月から1歳未満の乳児への麻疹(はしか)の予防接種を実施する自治体を39市に増やした。また、乳児を連れてこれら39市へ出向く場合は、15日前に予防接種を受けさせるよう勧告している。  これは、同州内の麻疹患者、全967人中の13・6%が […]