ホーム | 日系社会ニュース | 援協役員会=創立60周年式典は7月中に=奄美事業所は7月で活動終了

援協役員会=創立60周年式典は7月中に=奄美事業所は7月で活動終了

役員会の様子

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「3月度定例役員会」を28日、援協本部ビルで開催した。今年、創立60周年を迎える同協会は記念事業に向けた準備を本格化させており、7月中に聖市議会での式典開催を検討している。

 各委員会、各施設報告では、市との提携事業として児童の社会教育を実施してきた奄美事業所が、7月の契約終了を以って現在の活動を終了すると報告。それ以降の在り方については、今後検討される。

 自閉症児療育施設は、自閉症に関する啓発を目的として「自閉症週間」を展開。4月2~7日にかけて、パウリスタ大通りでの行進や、講演会・討論会等を実施する。

 福祉部は、昨年に続く日系社会福祉団体フォーラムの第2回目を5月29日に開催すると発表。前回の反省を踏まえて議論重視の方針で、各テーマに添って30分ずつ議論する。人生を終えるための準備活動「終活」も議題となる。

 その他、イペランジアホームは、先月のダリア祭りの結果を報告。昨年に続き、山形県川西町のダリア栽培専門家・五十嵐正孝氏が指導にあたり、3千800株が満開となり盛況で終了した。藤村運営委員長は「立派なダリア園を何年も続けたい」と意気込んだ。

 なお、友好病院を除く2月度決算は約139万8千レの赤字。友好病院を含んだ全体では約743万レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=認知症サポーター養成講座=「初期のうちに専門医に相談を」2019年3月9日 援協=認知症サポーター養成講座=「初期のうちに専門医に相談を」  サンパウロ日伯援護協会福祉部(マリウザ・春美・長尾部長)は2月19日、聖市リベルダーデ区の同協会ビル5階神内ホールで認知症サポーター養成講座を実施した。日系高齢者を中心に140人が参加し、認知症患者に対する理解を深めた。  同講座は、日本発の地域福祉実現施策の一 […]
  • エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日2019年4月25日 エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日  エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)は伝統の「第68回慈善バザー」を5月5日午前9時より午後5時まで、ブラジル日本文化福祉協会ビルの大ホール(Rua São Joaquim, 381, […]
  • ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催2019年3月8日 ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催  サンパウロ日伯援護協会傘下の老人養護施設スザノイペランジアホーム(三島勝彦施設長)は3日、『第25回ダリア祭り』をスザノ市の同ホームにて開催した。同ホーム自慢の南米唯一のダリア園には85種、3800株ものダリアが植えられており、色とりどり満開の花を咲かせている。   […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]