ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》下院憲政委=最高裁判事の単独判断に待った=「ADIは大法廷で審理」へ

《ブラジル》下院憲政委=最高裁判事の単独判断に待った=「ADIは大法廷で審理」へ

 下院の憲政委員会(CCJ)は3日、最高裁の判事が単独で諸法令を判断し、「憲法理解に抵触する」などの理由で停止することを禁止する法案を承認したと、4日付現地各紙が報じた。
 ブラジル司法界には、法律の制定または訂正が憲法に抵触していないかを最高裁が判断する、憲法違反直接訴訟(ADI)や、社会規範違反に関する意見書(ADPF)というシステムがある。CCJが3日に承認した法案は、最高裁の判事が〃単独で〃、ADIやADPFの判断をすることを禁じるものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ