ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》郵便局の遅配が深刻化=コロナで苦情が昨年の5倍

《サンパウロ州》郵便局の遅配が深刻化=コロナで苦情が昨年の5倍

遅配が問題となっている郵便局

 サンパウロ州内の郵便局による「配送遅延」や「配送がされない」といったトラブルへの苦情が、昨年の同時期と比べ5倍になっていると7月3日付のエスタード紙が報じている。サンパウロ州内の消費者保護センター(Procon-SP)の調べによると、昨年3月から6月にかけて郵便局への苦情件数は216件だったが、今年の同時期の苦情件数は1151件に急増している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ