ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(20)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(20)

 三月中旬の厳寒の中、素手で握り合った両手の仄かな暖かさが甦ってきた。
 さらに新京市時代の歌人の一人が、初年兵は最低だよ。そんな時思い出したら気持が落ち着くよと、餞にくれた短歌が頭に浮んだ。
  ひもじさと寒さと恋をくらべれば
   恥しながらひもじさが先
 二回口ずさんでみると、圧しつぶされそうな気持も、なんとなく和んできた。長い点呼の間に、そうしたことを思い出していると、今の絶望的な境遇をなんとしてでも乗越えねばと考えるようになった。
 飢餓と酷寒と労働のつらさは、筆舌に尽しがたい。だが俺は現実に正夢を見ている。すでにそのうちの二つの夢は現実となっているんだ。最後の夢=父母のもとに生還=は、まだ実現していない。だからどんなことがあっても、絶対に生きて帰れるんだ。絶対に死なないぞと奮いたった。

  一五、二名脱走す

 寝付かれないまま、戦友と話していると衛兵所の方向が騒がしく、軍用犬が鋭く吠えたてている。と、宿舎の入口が乱暴に開けられて、カンボーイが三人懐中電灯を照らしながら飛び込んできた。銃をかまえている。一人は入口に立っていた。
 軍用犬の吠え声が激しい。銃声が数発暗夜をつらぬいて轟いた。
 宿舎に入ってきたカンボーイが叫んだ。
「テンコ、テンコ」
 殺気立っている。
 脱走したようだな、小声で話ながら、狭い部屋の中に整列し、人員点呼を受けた。長い時間をかけて人数を確かめたあと、カンボーイは何も言わないで去った。
 翌朝、第二棟の兵二人が脱走を試みたが、いくらも逃げないうちに発見され、射殺されたことが分った。
 射殺しなくてもよいものをと、私たちはソ連兵の残酷さを憎んだ。
 脱走をしても地理は不案内、着衣は夏物。想像を絶する酷寒、携行食料は皆無、しかも衰え切った体力しかない。たとえ逃げることができても、待ち受けているのは凍死だけである。
 ならば殺さなくても、連れ戻せばよいものを………。
 私も何度か脱走計画を練った。そしてその度に実行を中止した。理由は先程書いた通りである。
 射殺された二人は、衛兵所の脇の通路を這って脱出したらしい。通路は五列縦隊が同時に通過できるように、柵で仕切り五つに分けてある。
 衛兵所の内部に薄暗い電灯が一コぶらさがっているだけで、寒さのため窓は閉じている。この明かりは通路の端まで届かない。
 二人はその端を這って脱出したものの、軍用犬が吠えて脱走が分かり、忽ち追いつかれて射殺された。
 以後脱走を試みたものはいなかった。

  一六、伐採

   一、天地の差
 一〇月末、伐採要員二五名の募集が、収容所側から提示された。「行け」ではなく「募集」である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)2018年10月26日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)  ソ連軍将校の中には日本語を私たちより上手に話すものがいる。彼もその一人で連れの将校も、理路整然と語った。東さんがみんなを見回して言った。 「俺たちが生きて帰ってこそ、死んだ戦友たちの霊も浮ばれると思うが、みんなどうだ」  全員黙ってうなずいた。しかし翌日私たちは第一船から […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]