ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(1)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(1)

第一章 一度だけ見た正夢(一九九四年一〇月)

  一、死の淵を覗く

 風土病にかかり高熱と下痢のために入院して、二ヵ月が過ぎようとしていた。
 夕方、六人収容の病室から向いの一室に移された。私だけである。なぜだろうかと考えたが、意識が混濁して考えが纏まらない。電灯がともった頃、数日前若い女子社員がこの部屋に運ばれて来て、夜明けを待たずに死んだ事を思い出した。俺も死ぬんだろうかと、白い天井をボンヤリ見つめていた。
 入院も長くなると、見舞の人たちは間遠になった。熱と下痢は続いていて、私は痩せ細っていた。一九四四年一〇月一七日、新京神社(旧満洲国新京特別市)の秋祭りの夕方、病室を変えられて一人になると、次々に見舞客が来た。会社の人たちは口々に
「早くよくなれよ。直ぐに入隊だよ」
 と、励ましてくれた。上司の奥さんたちも代わるがわる見えて、お祭りのご馳走を枕元に並べた。
「しっかり食べて、早く元気になるのよ」
 と、入隊前の私を案じてくれた。
 その日、私が危篤状態になったものだから、皆さんが次々に見舞に見えたのだが、当のご本人は自分が死にかけているとは思いもしないで、ただ息苦しく床ずれが痛くて、荒い息をはいていた。見舞客が途絶え、病室は静かだった。いつの間にか、私は空間を漂っていた。頭の中に何かが渦巻いているようである。体の痛みもだるさも消えていた。
 (ああ、楽になった)
 そう思いながら漂っていると、いきなり大声が聞えた。
「おい、谷口よ。俺だ。明日入隊だ。一足先に征くぞ」
 同僚の佐藤平八である。その声でハッと正気付くと、空間を漂っていた躯は、寝台に横たわっていた。彼は巻寿司を一コつまむと、私の口の中にねじこんだ。
「しっかり食って元気になれ。明日は来る暇がないが、死ぬんじゃないぞ」
 彼はそう言い残して帰って行った。しばらくして、口中の寿司を噛んでみた。なぜかとても美味くて、二、三度口を動しただけで呑みこんだ。だが、続いて食べたい気持になれなかった。巻寿司一コのせいではないはずだが、翌朝私は危篤から抜け出ていた。
 生と死の間を往き戻りしていたのが、どうした加減か生の方へ引き戻され、発病二ヵ月余りのあと、峠を越した。あれほどひどかった熱と下痢がおさまり始めたのだ。
 あれから五二年後、サンパウロ市のさるご住職から
「あのような現象は、幽体分離現象というのです」
 と、説明を受けた。 

  二、夢

 自力で体を起こす力がなくて、まだ寝たきりであったが、意識の混濁はなくなった。窓外の秋の陽差しを、なつかしい思いで見とれるようになる。
 普通、夢は目覚めると忘れるものだが、回復期の夜明けに見た夢が、妙に強く頭に灼きつけられて、折にふれ思い出していた。
 夢は……。
 多勢の人たちと暗闇のなかを歩いているところから始まった。ずい分長い時間歩いて疲れきっていた。路は上り下りと曲折が多かったが、いつしか平坦になっていた。左側の木立が急に薄くなり、可成奥までおぼろに見透すことができた。右側の密林は黒々とした影をつくっている。間もなく路は鉄道の踏切りにさしかかった。左方には煙をはいている機関車の黒い影が、星空を背にしていた。踏切りを渡ると路は左に曲り、遥か前方に灯火が一つ揺れていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73)2018年11月6日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73) (三)ブラジル日系文学誌の選者の一人の評について     ブラジル日系文学№二六(二〇〇七年七月)に、体験記として『私のシベリア抑留記』が掲載されたが、これは編集者に乞われたからである。原稿用紙三〇〇枚を三五枚に縮めての記録だから説明不足が随所に現れている。ではなぜ、歴史に […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]