ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治

■ひとマチ点描■フラビオ・シローと藤田嗣治

若き日のフラビオ・シロー(flavio shiro - Miguel de Almeida – 2008より)

若き日のフラビオ・シロー(flavio shiro – Miguel de Almeida – 2008より)

 ブラジルの抽象画家、フラビオ・シロー(Flavio-Shiró)の本名は田中フラビオ駟郎と言う。本人は覚えていないが、幼少のときブラジル名をつけることになり、5つの候補の中から指差したのが「フラビオ」だったという。
 アーティスト名については「『Flavio』とか『Shiró』とか呼ばれることがあるけど、『Flavio-Shiró』でひとつ。フランスの写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンの『Cartier-Bresson』と同じ。ブラジルでは馴染みのない名付け方だね」と話す。アーティスト名を使い出した50年代、芸術の中心地といえばパリで、憧れもあった。
 53年にパリに渡った後、20年代からフランスで名声を得ていた画家・藤田嗣治に会っている。フラビオ・シローが出展したグループ展に藤田が現れ、フラビオ・シローの作品の前で足を止めた。近づいたり離れたりして見入っていたという。
 「あの独特なおかっぱ頭ですぐに藤田嗣治だと気づいた。でも初対面だったし彼はあまりに有名だから声をかけられなかった」と述懐する。後に別の機会に言葉を交わし、パリ滞在中たびたび交流した。
 今となっては68年に没した藤田と同じ時代を生きた芸術家はそう多くない。今年90歳を迎えるフラビオ・シローだからこその貴重な証言だ。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月15日 東西南北  大サンパウロ市圏グアルーリョスの州立校で、教室の壁にストリート・アートの「グラフィティ」の壁が登場して話題となっている。その学校はパルケ・ジュレーマ州立校で、そのアートで今回描かれているのは「ブラジルを代表する偉人」だ。そこでは16人が選ばれ、小説家のクラリセ・リスペクトルや […]
  • 『朝蔭』=11月号2014年12月10日 『朝蔭』=11月号  『朝蔭』11月号(第421号)が発行された。 巻頭「句帳」(念腹、その一句「秋鯖をすとんと切りし手早さよ」)、「雑詠 寿和選」その3句「春風に鍬音はづむ雨後の土」(小村広江)、「冷蔵庫開く度人参ねだる犬」(川上美枝)、「芝巡るキャディをケロケロ威嚇せる」(遠藤甲山)、「芭 […]
  • 2011年11月30日 第4回=移民が支えた母県経済=海外送金が県歳入の6割 ニッケイ新聞 2011年11月30日付け  第1回ハワイ移民団27人をのせて1899(明治32)年12月5日に那覇港を出港した薩摩丸は、1900年1月8日にホノルルに到着した。これを結成したのが〃沖縄移民の父〃當山久三(きゅうぞう)だ。 […]
  • 中央労組が大統領批判=具体的雇用対策を要求2003年12月27日 中央労組が大統領批判=具体的雇用対策を要求 12月27日(土)  【既報関連・エスタード・デ・サンパウロ紙二十五日】大規模中央労組は二十四日、新規雇用創出に向けた具体的施策を政府に要求した。 […]
  • 借金不払い過去9年で最高に=金融政策のあおり受け=上半期は前年比22%増=金銭管理は女性に軍配?2011年7月14日 借金不払い過去9年で最高に=金融政策のあおり受け=上半期は前年比22%増=金銭管理は女性に軍配? ニッケイ新聞 2011年7月14日付け […]