ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》両院議長の奇妙な外遊=旅費は25万レアルに=「私も法を改正したい」と上院議長

《ブラジル》両院議長の奇妙な外遊=旅費は25万レアルに=「私も法を改正したい」と上院議長

 テメル大統領(民主運動・MDB)は、本来ジウマ政権の副大統領だったが、ジウマ前大統領が罷免されたため、大統領の座に就いた。そのため、現在、副大統領職は空席で、テメル大統領不在時に臨時大統領を務めるのはロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)、もしくはエウニシオ・オリヴェイラ上院議長(MDB)となる。
 しかし、選挙の前の半年間は「臨時でも大統領職を務めると、次の選挙に出馬できない(再選を狙う大統領は別)」との規定があるため、テメル大統領が外遊に出るたびに両議長は国外に出、その間の大統領職はカルメン・ルシア最高裁長官が務めている。両議長の移動にかかった費用は既に25万レアルに達していると、27日付現地紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ