ホーム | 日系社会ニュース | サントス強制立退き者追悼ミサ=「追放された苦しみと哀しみ想起」

サントス強制立退き者追悼ミサ=「追放された苦しみと哀しみ想起」

「無実の枢軸国移民への復讐」と語るジョーゴ前サンパウロ州議

「無実の枢軸国移民への復讐」と語るジョーゴ前サンパウロ州議

 昨年に続いてサントス強制立退き者追悼ミサが7月29日(日)午前8時から、サンパウロ市のサンゴンサロ教会で行われた。マノエル・ジアス・オリベイラ神父が司祭を務め、約50人が参加した。
 途中、壇上に立った白沢ノトブルガ修道女は、「私たちは75年前に日本移民と子孫がサントスから追放された苦しみと哀しみ、嘆きを思い起こします。多くの方が犠牲になったご霊魂のためにお祈りします。そして、生き延びた日系人の勇気と堅忍に敬服します。全ての困難を乗り越え、家庭を盛り上げ、ブラジル社会の善のために今日まで献身されていることに感謝と賛美を捧げ、今後の活躍のためにお祈りします」と唱え、全員が聖書の祈りを唱和した。
 最後にアドリアーノ・ジョーゴ前サンパウロ州議もマイクを握り、「この強制立ち退きは、アメリカに組みしたヴァガス独裁政権による、無実の枢軸国移民への復讐だ。イタリア移民、ドイツ移民も財産や家庭を失い、屈辱を受けた。このミサはそんな犠牲者を忘れずに追悼する重要なもの。75年前の歴史見直しを連邦政府に迫り、謝罪請求を進めるべき」と強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ2017年5月24日 琉球民謡保存会28日に祭典=来月には母県の本大会へ  琉球民謡保存会ブラジル支部(城間伸明(のぶひろ)会長)は、『第10回琉球民謡の祭典』を28日午後13時から、同県人会会館(Rua Tomas de Lima, 72, […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]