ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日で大統領選挙の候補を選出、公認するための党大会が終わり、この時点で13人の出馬が決まった。今年前半に噂されていた人数よりだいぶ淘汰されたが、それでも1994年の大統領選以降で最も候補者が多い。本面で報じたマヌエラ・ダヴィラ氏は大統領選出馬を取り下げたため、大統領選の女性候補は2人で副候補が4人(マヌエラ氏がハダジ氏の副になれば5人)と、女性票を取り込むための工夫がなされているのも今回の特徴だ。まだ高等選挙裁判所でのルーラ氏の出馬判断は残されているとはいえ、候補者の連立の状況も見え、だいぶ整理された印象も。月末には政見放送もはじまるが、大統領選の行方はいかに。
     ◎
 8月に入り、サンパウロ大都市圏で雨が降り続いているのを受け、カンタレイラ水系への今月の降水は、4日午前9時の段階で早くも、平年の月間平均降水量(34・5ミリ)を超え、6日現在で44・8ミリ。水位も39・7%で、7月30日時点の水位に戻っている。6日も日中に雨が降っているので、さらに増えそうだ。もっとも8月は1年で最も乾燥する月で、一度晴れ出せば次にいつ雨が降るかわからないので、今回の雨は貴重だ。いい感じで雨季に入れれば。
     ◎
 5日のサッカーの全国選手権で、サンパウロが本拠地モルンビ・スタジアムでの対ヴァスコ・ダ・ガマ戦に2―1で勝利。首位に立っていたフラメンゴが前日にグレミオに敗れたため、サンパウロはフラメンゴを抜いて首位に立った。まだ、全日程の折り返し地点より手前の段階だが、優勝に向け、良いペースで進んでいるのは確かだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月1日 東西南北  統一選挙恒例の政見放送がはじまり、ようやく「選挙到来」の気分が高まりはじめた。8月31日午後は、高等選挙裁判所でルーラ氏が一体どのような処遇をされるのかに注目が集まった。本稿を書いている午後3時時点では結果は出ていないが、いずれにせよ、今日はその結果を巡り、国民が大きな反応を […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年11月5日 東西南北  本日報じた、3日に行われた最高裁での大統領の代行権所有者の処遇に関する判事投票の際、最高裁の外では、レナン・カリェイロス上院議長に対する抗議運動が行われた。中でも注目されたのは、囚人服を着たレナン議長の巨大なインフレータブル(空気)人形で、最高裁の屋上がへその部分にあたるとい […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、サンパウロ市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及 […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]