ホーム | 日系社会ニュース | 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」

漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」

小林副学長

小林副学長

 サンパウロ市のリオブランコ大学は7月21日に「漫画―歴史、様式、社会的役割―」と題したセミナーを開催し、同学や市内の他大学の教授らが講演を行った。セミナーを後援した明治大学からは小林正美副学長が来伯。小林副学長に漫画の文化としての側面や、同セミナーの意義を取材した。

 セミナーにはリオブランコ大学、明治大学、サンパウロ州立総合大学(USP)、アルマンド・アルバレス・ペンチアード大学(FAAP)の日本文化やポップカルチャーを研究する教員らが登壇。日本の漫画市場、ソフトパワーとしての漫画、ブラジルの漫画史などをテーマに講演が行われた。
 明治大学は都内に2つの漫画専門の図書館を有し、漫画を使った対外事業に注力。昨年ジャパン・ハウスに漫画本200冊を寄贈したのを皮切りに、中南米の協定校や日系団体にも寄贈を続けている。漫画による日本文化発信や、日本語学習のきっかけ作りが狙いだ。
 小林副学長は「漫画を読んで日本に憧れ実際に訪日する若者は多い。影響力の大きいパワフルな媒体」と話す。将来的に、協定校から明治大学に留学する学生を増やすことを理想とする。
 また「漫画はいまや日本の文化。日本では漫画自体の研究も進んでいる」と言う。「一見するとわかりやすいが、制作の過程は映画のように複雑。また、作品ごとに対象となる年代や性別が異なるなど表現内容が幅広い」とする。同学には漫画を専門にする教員が3人もいて、漫画を研究する留学生を迎え入れることも可能だ。
 今回のセミナーについては「日本国外で漫画を学術的に取り扱った先進的な例」と評価。「リオブランコ大学のエドマン・アルセマン教授はセミナーを継続的に行いたいとしていた。今回のような場が今後さらに広がって行くはず」と期待を込めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 意義深い日本の歴史ポ語講座=漫画協会と三重県人会取組む=「私たちは日本史知らない」2018年12月12日 意義深い日本の歴史ポ語講座=漫画協会と三重県人会取組む=「私たちは日本史知らない」  ブラジル漫画協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)が1日午前に聖市の日本語センターで、『日本の歴史』についての連続講演会(ポ語)の最終回と修了式を共催した。3月から月一回、計9回中の7回以上出席した34人に修了証書が渡され、うち全 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • ■ひとマチ点描■フォノマギ書店が移転完了2018年9月25日 ■ひとマチ点描■フォノマギ書店が移転完了  聖市リベルダーデ区の伝統あるフォノマギ竹内書店(麻生譲治店長)が、ニッケイ新聞前のグロリア街299番に移転し、8日に開店した。  麻生店長が「国内一の在庫数だと思う」と誇る日本の文庫本のほか、漫画、日語教科書、手工芸本、服飾雑誌など豊富な品揃えとなっている。  問 […]
  • 世界のポップカルチャー集合=ワールド・ポップ・フェス2018年8月16日 世界のポップカルチャー集合=ワールド・ポップ・フェス  ヤマト・ミュージック社(近沢隆社長)が7月20、21、22日の3日間、聖市ヴィラ・ギリェルメ区のマート・センターで「ワールド・ポップ・フェス」(WPF)を開催した。同イベントには映画やアニメ、音楽、ゲームなど多様なポップカルチャーが集まり、ファンを楽しませた。  同 […]