ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》流れ弾受け、妊婦が死亡=緊急手術で生まれた子供も重体

《ブラジル》流れ弾受け、妊婦が死亡=緊急手術で生まれた子供も重体

 エスピリトサント州州都ヴィトリアで14日午後、自宅でテレビを見ていた妊婦が、流れ弾を頭に受け、病院に運ばれたが死亡。緊急手術で生まれた子供も重体だ。

 妊娠7カ月のパメラ・ソアレスさん(23)は、事件当時、自宅でテレビを見ていたが、銃声が聞こえたため、そばにいた甥を守ろうとして、彼を床に押し倒したものの、自分自身が頭部に被弾し、倒れた。

 パメラさんはサンルカス病院に運ばれたが、手当ての甲斐もなく、事切れたため、対応した医師達は、胎児だけでも救おうと緊急の帝王切開を実施。生まれた子供はラウラと名付けられた。

 ラウラちゃんは予定日よりかなり早い出産だったため、クリニカス病院に移され、新生児用の集中治療室に入れられたが、15日現在も厳しい状況が続いている。

 パメラさんの家族は埋葬の準備などに追われ、15日の午前中は誰一人としてラウラちゃんを見舞う事が出来なかった。パメラさんの遺体は、15日午後4時にヴィトリア市内の墓地に埋葬された。

 警察はパメラさんの命を奪った弾が何者の手から放たれたものかを捜査しており、何らかの情報を持っている人は181番に通報するよう、要請している。(14、15日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ