ホーム | 日系社会ニュース | サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ

サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ

講演を行う松田さん

講演を行う松田さん

 サンパウロ市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。
 講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指導する。看護師130人が3つのクラスに分かれて、今月から来年1月まで週2回学ぶ。2月以降は宿泊部門や事務方のスタッフ向けの講座を開催する予定だ。 
 講師は日本語教師で「ブラジルかわいい大使」の松田明美さん。ブラジル生まれ、日本育ちの日系二世だ。今月1日に開講式で講演を行い、お辞儀の角度による意味合いの違いなどをレクチャーした。
 講座では時事ニュースを用いて、日本語と「おもてなし」の気持ちを伝える。松田さんは「日本語は『右』『左』など実務的な言葉を中心に教えていきたい」と話した。
 石川理事長は講座開催の意図を「患者だけでなくその家族や職場の同僚にも『おもてなし』の気持ちで対応してほしい」と話す。松田さんに講師を依頼した理由を、「日本語教師としてだけではなく、『ブラジルかわいい大使』として活躍し日本の文化にも精通している。参加した職員のほとんどは日本語が全く話せないので、文化の面からも日本を伝えることができる方にお願いしたかった」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」2018年7月26日 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」  首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。  ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラ […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市2016年11月22日 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)が6日、恒例の『春の古本市』を文協ビル展示室で開催した。ボランティアと委員会メンバー約45人が協力し、日本語の文学書や雑誌、漫画、辞書や専門書など約1万冊を2~10レという格安価格で販売した。  開場する午前9時前からすでに4、50人 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]