ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル検察=鉄道運営委託延長に待った=「以前の約束さえも守られず」と主張

ブラジル検察=鉄道運営委託延長に待った=「以前の約束さえも守られず」と主張

農産品を港に運ぶために鉄道が使われている(参考画像・Blog do Planalto)

農産品を港に運ぶために鉄道が使われている(参考画像・Blog do Planalto)

 ブラジル連邦政府が鉄道運営委託会社と結んだ、国内五つの貨物列車路線の運営権委託期間の延長合意は違憲だとして、ブラジル連邦検察庁が訴訟を起こしたと、17日付現地紙が報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ