ホーム | イベント情報 | 平成学院そろばん大会、19日に=110年記念、日本から参加者も

平成学院そろばん大会、19日に=110年記念、日本から参加者も

案内のため来社した一行

案内のため来社した一行

 平成そろばんアカデミー(浜崎クラウジアみゆき校長)は「第1回ブラジルそろばんグランプリ」を19日午前9時から、ブラジル沖縄県人会館(Rua Tomas de Lima, 72)で開催する。

 日本移民110周年を記念し、同アカデミーが初開催するもの。大会にはサンパウロ、モジダスクルーゼス、スザノ、マリリアからの学習者ほか、浜崎校長と親交のある兵庫県宝塚市の今井珠算塾(今井智子塾長)から生徒4人が参加する。

 87年に浜崎校長を頼りに初来伯し、1年間に及んで各地の日本人会館で算盤指導にあたったという今井塾長。それ以来、30年間に及び両国の学習者が互いに大会に参加するなど、交流を温めてきた。日本からの生徒が4人も参加するのは今回が初めて。

 「もっとブラジルにも算盤が普及してほしい。この度、日本からの生徒が参加することで、互いに競って刺激し合うなかでレベルの向上に繋がれば」と語り、「まだブラジルには10段を持つ生徒はいないと聞いている。第一号が出れば」と期待を寄せた。

 参加者の一人、宝塚市内小学校で教師を務める今井理沙さん(25)は、ブラジルの大会参加は今回で2回目。「10年前にきた時には、ブラジルでも算盤をやっていると知って驚いた。日本以外の場所で、このように算盤を通じて交流が持てるのは嬉しいこと」と喜びを見せた。

 そのほか、小林樹里さん(13)、假屋空翔(かりやくと)(13)、高橋宏明さん(12)が参加する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会2018年12月27日 藤田大使ら先駆日系人映画に=パラナ連邦大学、岡本教授ら企画=110周年で19日に先行上映会  日系人が余り進出してない分野で活躍する先駆的人物を取り上げるドキュメンタリー映画プロジェクト「Nipo―Brasileiro」の先行試写会が19日夜、サンパウロ市のブルーツリーホテルで開催され、関係者ら約90人が集まって第1話を鑑賞した。企画したのはマリア・リガヤ・ア […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」2018年12月12日 半世紀迎えた東洋祭り=池崎会長「市の模範となる街に」  サンパウロ市の夏の風物詩として知られる「第50回東洋祭り」が今月1、2日に、リベルダーデ日本広場を中心に開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催。  1日午後2時、ガルボン・ブエノ街の大鳥居の下で、南米神宮の逢坂和男宮司により祭祀が執り行わ […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、サンパウロ市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年もブラジル各地で演奏会 […]