ホーム | ブラジル国内ニュース | 元CBF会長ジョゼ・マリア・マリン被告、米国で禁固4年に=高齢の元ブラジルサッカーの〃ドン〃、判決時には涙も

元CBF会長ジョゼ・マリア・マリン被告、米国で禁固4年に=高齢の元ブラジルサッカーの〃ドン〃、判決時には涙も

ジョゼ・マリア・マリン被告(Sidny Oliveira / Ag.Para)

ジョゼ・マリア・マリン被告(Sidny Oliveira / Ag.Para)

 元ブラジルサッカー連盟(CBF)会長のジョゼ・マリア・マリン被告(86)は21日、米国ニューヨークにおいて、汚職、資金洗浄、金融詐欺、犯罪組織形成の有罪判決を受け、禁固4年の実刑を言い渡された。

 米国司法は、これらの犯罪は、マリン被告がCBF会長を務めていた2012年~15年に行われたとしている。

 米国司法は、マリン被告の資産335万ドル(約3億7千万円相当)の没収と、120万ドル(約1億3千万円相当)の罰金も言い渡した。

 判事は当初、禁固7年の刑を科す方向に傾いていたが、弁護側の言い分を聞きいれ、4年に減刑した。弁護側は、マリン被告が86歳と高齢なことも指摘し、酌量を求めた。米国の囚人の平均年齢は36歳だ。

 マリン被告は、CBF会長の任にあった時期のコパ・アメリカ、リベルタドーレス杯、ブラジル杯に関連し、7件の犯罪を行ったと断罪された。

 現地で裁判を見守ったブラジル人ジャーナリストによると、妻のネウザ・マリン氏(79)に付き添われたジョゼ・マリア・マリン被告は、判決の際に激しく泣いていたという。

 マリン被告は現在、ニューヨーク市ブルックリン地区の刑務所に収監されているが、弁護側は同刑務所の囚人への処遇を不服とし、ペンシルバニア州の連邦刑務所への移送を願い出た。弁護側は、マリン被告は高齢だから、通常の囚人と同様に扱われるべきではないとも主張している。

 マリン被告は昨年12月、今回と同じ罪状で裁かれ、有罪判決を受けていた。その際はフアン・アンヘル・ナポー元南米サッカー連盟(Conmebol)会長も銀行関連詐欺、犯罪組織形成の罪で有罪判決を受けた。

 両者は昨年12月にブルックリンの刑務所に送られた。この裁判では、マリン被告は南米規模の大会コパ・アメリカとリベルタドーレス杯に関わる商業契約を結ぶ際、複数のスポーツマーケティング会社から650万ドル(約7億2千万円相当)の賄賂を受け取ったとして断罪されていた。(22日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出2018年12月28日 2018年=ブラジル10大ニュース発表=話題の中心はボルソナロ=ルーラ時代の栄華も崩壊=社会の様々な歪みも噴出  2018年もブラジルでは大きなニュースが相次いだが、その中から特に大きなものを10選び、改めて紹介する。  1位はジャイール・ボルソナロ氏の大統領選勝利だ。同氏の勝利は、ただ単に「極右候補が勝った」という性質のものではなく、9月6日にミナス・ジェライス州で起きた刺傷 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]