ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル高等裁》=年金受給増額の条件を拡大=政府の負担は年間35億レアル増=最高裁に控訴の可能性も

《ブラジル高等裁》=年金受給増額の条件を拡大=政府の負担は年間35億レアル増=最高裁に控訴の可能性も

社会保障関連手続きに並ぶ人々(参考画像・Antonio Cruz / Agencia Brasil)

社会保障関連手続きに並ぶ人々(参考画像・Antonio Cruz / Agencia Brasil)

 これまで、病気や事故で働けなくなって「傷害年金を受けていた人」(aposentadoria invalidez)だけは年金額が25%加算されていたが、連邦高等裁(STJ)は22日、判事投票5対4で、この権利を「常時介護が必要な受給者」(aposentadoria de assistecia permanente)にも広げる決定を下したと24日付エスタード(E)紙が報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ