ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》麻薬犯罪で服役中のペレの息子=獄中サッカーチームの監督に

《ブラジル》麻薬犯罪で服役中のペレの息子=獄中サッカーチームの監督に

 「サッカーの神様」として世界中に知られる伝説の名選手ペレ。その息子のエジーニョ(47)は現在、サンパウロ州内の刑務所に服役中で、獄中のサッカー・チームの監督をしている。
 ペレには7人の子どもが存在するが、その長男エジーニョは、90年代に父が所属したサントスでゴールキーパーとして活躍。95年には正守護神として、チームの全国選手権2位に貢献した実績も持っている。
 だが、その人生は波乱万丈だ。90年代前半には、友人たちと公道での車のスピードレースを行い、一緒にレースを行った仲間が事故死するトラブルに見舞われた。
 そして2005年、エジーニョは、麻薬取引と、それに伴うマネー・ロンダリングに関与し、ほかの17人の容疑者と共に逮捕された。彼はこの件で2014年に33年の実刑判決を受けた。
 彼はこの直後に服役したが、その半年後、最高裁が人身保護令を認めて釈放された。
 その後、彼は2015年にモジ・ミリン、16年にアグア・サンタ、17年にトリコルジアーノと、いずれも州選手権にのみ出場の、小規模チームの監督を歴任した。
 だが、17年2月、エジーニョは改めて起訴され、刑期を12年に短縮された形での服役となった。
 エジーニョは現在、サンパウロ州トレメンベーの刑務所で、他の受刑者と同様の条件で服役中だ。だが、何か違うとしたら、刑務所内のサッカー・チームで、戦略指導やトレーニングの指導を行っていることだ。
 現在、エジーニョは、これまでの服役期間を合計して約2年ほど服役している。ブラジルでは、模範囚なら、ある一定期間服役すれば、昼間の外出が認められるようになり、そこでも模範的なら釈放となる。ただ、サッカー界に復帰となるかはわからない状況だ。(1日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ