ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 25日付本欄でも報じた、サンパウロ市地下鉄2号線サコマン駅での18歳女子大生に対する強姦疑惑に関し、サンパウロ州保安局のマージノ・アウヴェス・バルボーザ・フィーリョ局長が27日、「そのような犯罪が起こったという確固とした証拠がない」と発言し、事件の存在自体を否定した。同局長によると、駅構内の監視カメラの映像では犯罪が証明できなかったため、女子大生に改めて事情聴取を行ったところ、彼女の証言があやふやだったという。同地下鉄では今月、アナ・ローザ駅やヴィラ・マリアーナ駅でも強姦発生の疑惑が報じられたが、それも否定されている。「火のないところに煙は立たない」と言うが真相は?

     ◎

 27日未明、ミナス・ジェライス州で長距離バスが転覆事故を起こし、少なくとも4人が死亡した。このバスは国道146号線クルゼイロ・ダ・フォルタレーザ付近で、坂道を上りきれずに滑り落ち、午前3時30分頃、河原に落ちた。乗車していたのは大人35人と子供9人で、負傷者は近隣3市の病院に運ばれた。このバスはサンパウロ市からセアラー州に向かう途中だった。同州では同日朝、国道381号でもバスが車に追突、4人が死亡する事故が起きた。

     ◎

 9月のサッカー親善試合に初選出された21歳の期待のセンターフォワード、ペドロ(フルミネンセ)が25日の全国選手権の試合で右足を負傷。召集を見送られた。代理で召集されたのはイングランドで活躍中のリシャルリソンとなった。フルミネンセ出身の彼はペドロとは同い年で、下部組織時代からの友人。代役に友情で応えたいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月22日 東西南北  21日、ジャイール・ボウソナロ氏は入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院からビデオ・メッセージを送り、「体調はかなり良くなった。今月中には退院できそうだ」と語った。今はちょうど、本日付で報じたように、同氏の経済スタッフのパウロ・ゲデス氏のCPMF再導入の疑惑によ […]
  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 東西南北2018年8月23日 東西南北  22日本欄でも報じた、フォーリャ紙編集長のオタヴィオ・フリアス・フィーリョ氏の死去が、大きな反響を呼んでいる。自身の父が先代の経営者でもあったフォーリャ紙は、21日付紙面の9頁を同氏の追悼に割き、ライバルのエスタード紙も1頁を割いて、はなむけとしている。同氏の功績としては、軍 […]
  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]