ホーム | ブラジル国内ニュース | 立ち上がれなくてもステージに サンバの女王ベッチ、ベッドで寝たまま熱唱

立ち上がれなくてもステージに サンバの女王ベッチ、ベッドで寝たまま熱唱

Carnaval Rio 2018 – Desfile na Sapucaí – Mangueira – Beth Carvalho – Desfile das Campeãs- Fernando Grilli | Riotur

 ブラジルのサンバの女王のひとり、大ベテラン女性歌手のベッチ・カルヴァーリョ(72)が1日、リオ市で開催した特別公演で、立ち上がれないほどの体調不良の中、ベッドに寝そべりながら熱唱を披露し、話題を呼んだ。

 リオのKMデ・ヴァンタージェン・ホールで行われたコンサートは、彼女の名作アルバム「デ・ペー・ノ・ション」の発売40周年を記念して行われたもので、サンバ界の大物バンド、フンド・デ・キンタルをバックに従えるという、特別なものだった。

 ただ、ベッチはこの日、ステージに用意されたベッドに座ったまま公演に登場。「今日は、あまり立っていられないのよ。もう少ししたら横にならなくちゃいけなくて」と客に説明した。

 ベッチは2009年頃から脊椎の仙骨に入ったひびの影響で、背中に立ち上がれないほどの痛みを感じることが広く知られている。7月29日に行われた、ルーラ元大統領の釈放を求めるイベントでも、車椅子で歌を披露しており、こうした事情はすでにファンも承知のことだった。

 ベッチが座った状態で歌ったのは1曲だけで、2曲目からはベッドに横になりながら歌った。

 途中、ベッチが観客に「大丈夫? ひどくないかしら?」と聞く一幕もあったが、観客は「ゲレイラ(女戦士)!」と掛け声をあげ、彼女の奮闘を称えた。

 彼女は横たわったままで名作アルバムの再現を行うコーナーにたどりつくと、さらに、アルバムの曲順に見事に歌った。そして気がつけば、彼女は全25曲を予定通りに歌いきっていた。

 ベッチは日本でもサンバのファンには知られた存在で、日本公演も数度行っている。(2日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボウソナーロ下議が訪日=浜松や大泉で熱烈歓迎!=日韓台で教育制度を視察2018年3月16日 ボウソナーロ下議が訪日=浜松や大泉で熱烈歓迎!=日韓台で教育制度を視察  10月の大統領選挙の候補者としてルーラ元大統領に次ぐ支持率2位につけ、今注目のジャイール・ボウソナーロ下院議員(社会自由党、62)が、「アジア公式ミッション―教育と革新―」として、日、韓、台の3カ国を先月22日から3日にかけて訪問した。これは、教育・技術分野における各 […]
  • 人気ファンキ歌手=ナウド・ベニーが逮捕=夫人への暴力に銃の不法所持2017年12月8日 人気ファンキ歌手=ナウド・ベニーが逮捕=夫人への暴力に銃の不法所持  人気ファンキ歌手のナウド・ベニーが6日、銃の不法所持で現行犯逮捕された上、夫人に対しての暴力で起訴された。また、それが理由で、大晦日恒例のリオの年越しイベントへの出演もキャンセルとなった。  リオ警察によると、ナウド・ベニーは2日、自身のコンサート終了後、「ムリェール・モラ […]
  • 今日のお言葉 「Japones da Federal」2016年6月10日 今日のお言葉 「Japones da Federal」 意味=直訳すれば「連邦警察のジャポネース」だが、7日からは「堕ちた〃正義の味方〃」という皮肉な意味に変わった。 「〃正義の味方〃が逮捕される!」――と7日からブラジルメディアがテレビから新聞まで大騒ぎに。「Japones da […]
  • ニッケイ歌壇(510)=上妻博彦 選2016年4月15日 ニッケイ歌壇(510)=上妻博彦 選       アルトパラナ     白髭 ちよ世界でも類なき大きなデモ行進おどろきて見入るテレビの前で斯く迄に人に嫌われし大統領ルーラを庇う愚かな行為リオ五輪まじかに控え此のさわぎジウマ罷免は世界にひびく日本人は些細な事でも辞任するブラジル人は大きな違いブラジルに日系人の大統領現 […]
  • 東西南北2016年4月13日 東西南北  11日の下院の特別委員会が、下院でのジウマ大統領の罷免審議継続を承認し、17日に運命の投票が行われることも決定的となった。本会議での審議は15日からはじまるが、その前からもジウマ氏は苦難続きだ。アンドラーデ・グチエレス社の元社長が先週、10年と14年のジウマ氏の大統領選への献 […]