ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》監視カメラ38個を撤去=カーニバルでの感電死受け

《サンパウロ市》監視カメラ38個を撤去=カーニバルでの感電死受け

 サンパウロ市は7日、カーニバルの警備対策用に新たに設置した監視カメラのうち、38機を撤去すると発表した。これらのカメラが、4日に起きた、22歳男性が感電死した事件の原因となったカメラと同様の条件で設置されているためだ。8日付現地紙が報じている。
 サンパウロ市が下した判断は、4日にコンソラソン街でカーニバルのブロッコに参加していた大学生のルーカス・ラセルダ・ダ・シウヴァさんが、監視カメラが設置された金属の柱に触って感電死したのを受けたものだ。
 38機は、サンパウロ市の交通工学公社(CET)やエレトロパウロ、Ilumeといった公共機関が設けた柱につけられた違法なカメラだ。現地紙は7日、ルーカスさんが死亡した現場にあった監視カメラと良く似た方法で設置されたカメラが24機あることも報じていた。
 サンパウロ市は今年、110機のカメラ設置など、道のカーニバル用に2千万レアルを投入。管理責任者はドリーム・ファクトリーという企業で、カメラの設置はGWAシステムという下請け業者が担当した。だが、設置箇所や設置方法はCETなどの許可を得ておらず、市西部と南部の38機は設置条件に問題があると判断された。市役所には、ドリーム・ファクトリーがGWAと業務契約を結んでいたことさえ伝えられていなかったという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月21日 東西南北  サンパウロ市内のフェイラの中には、NPOと称する団体が新型コロナウイルスの簡易検査を行っているところがある。10月13日現在の同NPOのデータだと、1029人がテストを受けたところ、960人は陰性だったが、69人は陽性だったという。この検査は15分間で結果が出る上、検査にかか […]
  • リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第2020年9月29日 リオのカーニバル延期が正式決定=コロナ禍影響を怖れて=実施時期はワクチン次第  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱2020年9月16日 人文研=川添博さんがZOOM講演=長崎の被爆の歴史を深堀り=参加者と『長崎の鐘』歌合唱  サンパウロ人文科学研究所(モラレス松原礼子理事長)は、ブラジル長崎県人会(森繁親会長)、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)と共催し、9月26日19時30分より長崎被爆75周年オンライン講演会「75年・長崎・カーニバル・ブラジルから平和の歌を」をZOOMで行う事 […]
  • 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も2020年7月28日 《ブラジル》リオの年越しイベント客無しで?=カーニバルは5、7月説も  新型コロナウイルスの影響により、年越しイベント(レヴェイオン)やカーニバルのようなサンパウロ市やリオ市に代表される大型イベントの開催が、続々と中止や延期になっている。25~27日付現地サイトが報じている。  年越しイベント「レヴェイオン」に関しては、サンパウロ市のパ […]
  • 東西南北2020年7月23日 東西南北  サンパウロ市カーニバルのデスフィーレ(パレード)に出場するエスコーラ・デ・サンバ(サンバチーム)が「来年のカーニバルは5月に開催してほしい」と、主催者である市に希望していることがわかった。通常は2~3月。20日にスペシャル・グループに属するチームの連合会「LIGASP」の会合 […]