ホーム | イベント情報 | アナスピ110周年記念陸上大会=全伯から千人出場の巨大大会

アナスピ110周年記念陸上大会=全伯から千人出場の巨大大会

左から河崎副会長と宮村会長

左から河崎副会長と宮村会長

 アナスピ・マスターズ陸上ベテラーノ会は「日本移民110周年記念大会」を10月12日から14日の3日間、聖市イビラプエラ区のバス・ギマランエス競技場(Rua Manoel da Nobrega, 1361)で行われる。

 30歳以上の競技者が短長距離走、走り幅跳び、走り高飛び、砲丸、円盤、槍投げなどの各種目を年齢別で競う。全伯から約1000人が出場する見込み。

 案内のため来社した宮村憲治会長と河崎義男副会長は「100周年記念以来の超巨大大会。本気と本気がぶつかり合う肉体の祭典です」と話した。参加希望者は宮村会長(11・97656・6781、同・2578・1659)もしくは河崎義男副会長(同・99535・1666、同・5621・4012)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ