fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「景気回復の18年」は期待はずれ=工業部門36%が危機深刻

《ブラジル》「景気回復の18年」は期待はずれ=工業部門36%が危機深刻

 非政府組織の産業開発研究院(Iedi)発表の調査で、国内全工業部門の36%が今年上半期の生産量が「深刻」「芳しくない」と評価されたと4日付現地紙が報じている。

 Iediが「芳しくない」とするのは生産量が昨年比1~4%落ちた部門で、「深刻」は4~10%落ちた部門だ。

 特に悪いとされたのは「宝石、装飾小物」「ボイラー」「ニット製品」「玩具」「スポーツ用品」の製造業だった。

 Iediの主席エコノミスト、ラファエル・カジニン氏は、「『不況終了の16年、回復の17、18年』と期待する向きがあったが、多部門で回復ペース減退が見られる」と語る。

 地理統計院の調べでは、ブラジルの工業界は17年第4四半期に前年同期比で4・9%生産量が増えたが、今年第1四半期は3%増、第2四半期は1・7%増だった。

 カジニン氏は、「回復の減退は年明けから始まっていた。トラックストのせいには出来ない」と語る。17年下半期の工業生産量は16年上半期と比べて4・0%の増加だったが、今年の上半期は2・3%だった。

 リオ州の下着メーカーの社長オダイール・チエネ氏は、業績が芳しくないのは14年からで、4年余の間に、従業員も生産量も半分に減らしたとしている。

 応用経済調査院(Ipea)の経済調査員、レオナルド・カルヴァーリョ氏も、「昨年末までは『今年は景気回復ペースが強くなる』と期待されていたが、多くの部門で期待がはずれた。もちろん、景気回復過程の最後にくる雇用回復には程遠い」と語る。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州住民=現金輸送会社の移転要求=銃撃戦や強盗事件を恐れ2016年8月6日 サンパウロ州住民=現金輸送会社の移転要求=銃撃戦や強盗事件を恐れ  サンパウロ州内陸部のリベイロン・プレット市に住むジャニセ・デ・オリヴェイラ・マルケスさんは、7月5日に起きたプロセグル現金輸送警備会社(以下、警備会社)強盗事件を忘れられない。 5日付フォーリャ紙によると、同件以後、強盗に狙われた企業のある市の住民や公的機関は、警備会社を住宅 […]
  • 大本南米本部=開祖大祭遥拝祭を6日に=入学祈願祭・春季祖霊大祭も2011年10月21日 大本南米本部=開祖大祭遥拝祭を6日に=入学祈願祭・春季祖霊大祭も ニッケイ新聞 2011年10月21日付け  大本南米本部(鹿内一民部長)は11月6日午前10時から、ジャンジーラ市の同本部伯光苑愛善堂(Av. Fernando Pessoa, 720, Vila Santo […]
  • 女子柔道=ラファエラ・シルバ優勝=男子新星のペリンも銅2015年2月24日 女子柔道=ラファエラ・シルバ優勝=男子新星のペリンも銅  20日~22日にドイツで開催されていた今年最初の国際大会、グランプリ・デュッセルドルフで20日、ブラジル女子柔道界のホープ、ラファエラ・シルヴァ(22)が57キロ以下級で優勝したと21日付エスタード紙が報じた。この大会はブラジル代表が主要国との実戦練習を積んだ後の最初の国 […]
  • 鬼木東洋医学専門学校=格安マッサージの日=27日2010年11月23日 鬼木東洋医学専門学校=格安マッサージの日=27日 ニッケイ新聞 2010年11月23日付け  ブラジル鬼木東洋医学専門学校(鬼木順子理事長)は恒例の「格安治療の日(AMO)」を27日午前8時半から午後3時までギリェルミーナ区の同校(R. Astorga, […]
  • サンパウロ市のバスは3レを維持=14年の補助は16億レに2013年10月2日 サンパウロ市のバスは3レを維持=14年の補助は16億レに ニッケイ新聞 2013年10月2日  6月に起きた〃抗議の波〃の後、3・20レアルだったバス料金を3レアルに引き下げるという異例の措置をとったハダジサンパウロ市市長が、選挙年に当たる14年はバス料金を据え置く方針を打ち出したと1日付エスタード紙が報じた。 […]