ホーム | イベント情報 | コチア産組関係合同慰霊祭=22日に教会と国士舘センターで

コチア産組関係合同慰霊祭=22日に教会と国士舘センターで

(左から)長田会長、村田相談役

(左から)長田会長、村田相談役

 下本家、コチア青年連絡協議会、コチア旧友会の共催による「第61回旧コチア産組関係者合同慰霊祭」が、22日午前8時からタボン・ダ・セーラ市サンタテレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, 42)、午前11時からサンロッケ国士舘大学スポーツセンター(Rodovia Bunjiro Nakao, km 48, Estado do Carmo, 801, Carmo)で開催される。

 コチア創立者の下本健吉氏の命日にあたる9月25日前後の週末に毎年開催されている。慰霊祭の後には、昼食会が行われる。

 来社したコチア旧友会の長田勝会長、コチア青年連絡評議会の村田重幸相談役は「コチア関係者の多くの皆さんに、ぜひ積極的に参加して頂ければ」と呼びかけた。

 問合せは、長田会長(3726・4565)、村田相談役(3031・1123)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コチア産組合同慰霊祭、23日=国士館に慰霊碑移転し2017年9月19日 コチア産組合同慰霊祭、23日=国士館に慰霊碑移転し  下元家、コチア青年連絡協議会、コチア旧友会の共催による『第60回旧コチア産組関係者合同慰霊祭』が、23日午前8時からタボン・ダ・セーラ市サンタテレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, […]
  • 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う2016年11月7日 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う  戦後、新天地に夢を追い、国家建設に燃えた青年たちが渡伯して60年―。南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)は先月29、30両日、サンパウロ州郊外アヴァレー郡内ホテルで、『60周年記念大会』を開催した。全伯各地、遠くは日本やポルトガルから延べ57人の元隊員が結集。その家族ら合 […]
  • 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第9回=セアラー唯一のコチア青年2016年4月14日 県連故郷巡り(北東伯編)=歴史の玉手箱=第9回=セアラー唯一のコチア青年  同協会メンバーの桜庭セルソさん(61、二世)は20年前に仕事の関係でサンパウロ州から移り住んだ。ブラジル民謡協会の故桜庭喜太郎さんは伯父に当るという。「現在の会員は100家族ほど。多いときには運動会に700人が集まったこともある。でも費用の問題で2年前に中止した。セアラー州立 […]
  • 60周年の節目、創立者偲び=コチア合同慰霊祭、26日2015年9月15日 60周年の節目、創立者偲び=コチア合同慰霊祭、26日  コチア青年連絡協議会(前田進会長)、コチア旧友会(長田勝会長)、下元家が共催する『第58回コチア関係者合同先没者慰霊祭』が、26日午前10時からサンパウロ州タボン・ダ・セーラ市のサンタテレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, […]
  • 来社した皆さん2014年9月16日 コチア産組慰霊祭20日=タボン・ダ・セーラで  元コチア産業組合関係者による『第57回合同先没者慰霊祭』が、20日午前10時からタボン・ダ・セーラ市のサンタ・テレジーニャ教会(Rua Tereza Maria Luizetto, […]