ホーム | 日系社会ニュース | 聖市パライゾ区で強盗被害=市街地でも夜間外出に注意

聖市パライゾ区で強盗被害=市街地でも夜間外出に注意

 在聖総領事館の安全情報によれば、5日(水)午後9時半ごろ、聖市パライゾ区クリス・トロンブジェルグ通り(R. Chris Tronbjerg)の歩道で、強盗事件が発生した。
 被害者が一人で歩いていたところ、後方からオートバイに乗った2人組が現れ、携帯電話および現金を出すよう脅した。両手を挙げて抵抗しない態度を示すと、被害者のポケットから携帯電話および財布を盗み、オートバイでブリガデイロ大通り方面へ逃走したという。
 景気はいまだ最悪の状態で、失業率が高止まりしているので、治安が良くなる条件はない。夜間の外出には特に注意が必要なようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)2019年5月15日 立つ鳥あとを濁さず=移民の「終活」座談会=(1)  ニッケイ新聞編集部は、読者の「終活」(人生の終りに向けた活動)意識の高まりに応え、「移民の終活座談会」を行った。ブラジル日系熟年クラブ連合会会長・上野美佐男、同会第3副会長・中川浩己、介護士・長谷川美津子(JICAシニアボランティア)、本紙編集長・深沢正雪の4氏が参加 […]
  • パラー州政府が日系人に感謝=アマゾン日本人移民90周年=会場や設備の大部分を州が負担2019年5月14日 パラー州政府が日系人に感謝=アマゾン日本人移民90周年=会場や設備の大部分を州が負担  1929年に始まった第一回アマゾン移民から90年を迎え、9月のアマゾン日本人移住90周年祭に向けて準備を進める北伯。パラー州90周年祭典実行委員会(生田勇治祭典実行委員長)も発足し、パラー州政府をグイグイと巻き込みながら詳細を詰めている。9日に上聖した汎アマゾニア日伯 […]
  • 終活の悩みアンケート実施=専門家に質問したいことは?2019年5月15日 終活の悩みアンケート実施=専門家に質問したいことは?  ニッケイ新聞では近年の終活意識の高まりに応え、紙面での情報提供を行うことを決めた。取材活動の一環として今後、本面下の広告欄に「終活に関する悩み応募用紙」を掲載し、読者から専門家へ質問したい終活の悩みを募集する。  終活とは、「自らの人生の終幕を納得いくものにするため、来たる […]
  • ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆2019年5月14日 ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆  「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 […]
  • 日本民謡大会で高木さん優勝=本荘追分大会と二冠を達成2019年5月14日 日本民謡大会で高木さん優勝=本荘追分大会と二冠を達成  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が主催する「第52回日本民謡ブラジル大会」が先月28日に、宮城県人会会館で行われた。遠くはパラナ州クリチバ市からも駆けつけ、聖州内外の約100人が歌声を競いあった。代表者決定戦では、「最上川船唄」を歌った聖州ピラシカーバ市の高木茂樹エ […]