ホーム | 日系社会ニュース | 聖市パライゾ区で強盗被害=市街地でも夜間外出に注意

聖市パライゾ区で強盗被害=市街地でも夜間外出に注意

 在聖総領事館の安全情報によれば、5日(水)午後9時半ごろ、聖市パライゾ区クリス・トロンブジェルグ通り(R. Chris Tronbjerg)の歩道で、強盗事件が発生した。
 被害者が一人で歩いていたところ、後方からオートバイに乗った2人組が現れ、携帯電話および現金を出すよう脅した。両手を挙げて抵抗しない態度を示すと、被害者のポケットから携帯電話および財布を盗み、オートバイでブリガデイロ大通り方面へ逃走したという。
 景気はいまだ最悪の状態で、失業率が高止まりしているので、治安が良くなる条件はない。夜間の外出には特に注意が必要なようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か2019年1月11日 平野植民地=盗まれた運平胸像を再贈呈=恩人の没後百年を記念して=銅像溶かされ「再利用」か  来月6日、平野運平没後百年を迎えるに際して、サンパウロ市カンブシ区エスタード大通沿いに位置する平野運平広場に設置され、盗難に遭っていた平野運平の胸像を再贈呈しようとの計画が平野農村文化体育協会(山下薫ファビオ会長)で持ち上がっている。昨年7月に眞子内親王殿下をお迎えし […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う2019年1月11日 パラー州で7団体が新年会=200人がお屠蘇で盛大に祝う  【パラー州ベレン発】在ベレン日本国領事々務所(浜田圭司所長)、汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)、アマゾニア日伯援護協会(山本ジルベルト修会長)、パラー商工会議所(山中正二副会頭)、北伯県人会連合会(武田司平会長)、パラー州統領官庁(ルイジエル・グエーデス補佐官)、 […]
  • 佐藤外務副大臣=新政権に日伯関係強化を期待=4世ビザ、制度見直し検討へ=日メルコEPA交渉にも意欲2019年1月10日 佐藤外務副大臣=新政権に日伯関係強化を期待=4世ビザ、制度見直し検討へ=日メルコEPA交渉にも意欲  日系社会との関係強化を目的として、日系社会、進出企業関係者との意見交換のため、佐藤正久外務副大臣(58、福島県、自民党参議院議員)は、8~10日にかけて聖市を訪問中だ。8日、イビラプエラ公園内日本館で本紙取材に応じた佐藤外務副大臣は、ボウソナロ新政権のもとでの日本とブ […]
  • 日本に休眠口座ある人は注意!=民間公益活動に活用開始2019年1月11日 日本に休眠口座ある人は注意!=民間公益活動に活用開始  日本では2018年から休眠預金等活用法が施行され、今月1日以降、10年以上取引のない預金等は民間公益活動への活用が開始されている。ただし、休眠口座であってもいつでも預金を引き出すことが可能だ。  金融庁に拠れば、10年間放置された預金等が平成26~28年度で毎年12 […]