fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | ボルソナロ=人種差別発言は無罪に=イボッピの世論調査も好結果

ボルソナロ=人種差別発言は無罪に=イボッピの世論調査も好結果

 最高裁は11日、極右大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏が行った人種差別が疑われる発言に対する起訴を受け入れるか否かの審理を再開し、起訴受入れを拒否。ボルソナロ氏は被告にはならずに済んだ。12日付現地紙が報じている。
 同件の審理は8月28日にはじまったが、最高裁第1小法廷での投票が2対2になった時点でアレッシャンドレ・デ・モラエス判事が審理を止めたままとなっていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]
  • 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが46%で1位に=ハダジと決選投票へ=反PT票による大躍進=PSDBの票をそのまま奪う2018年10月9日 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが46%で1位に=ハダジと決選投票へ=反PT票による大躍進=PSDBの票をそのまま奪う  7日、大統領選が行われ、ジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)が有効投票の46・1%を獲得し、2位のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)と28日に行われる決選投票に進んだ。今回の選挙はこれまでのブラジルの大統領選の流れを変えたものでもあった。8日付現地紙が […]
  • 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが討論会蹴り、他局に出演=他候補からは批難殺到=グローボではハダジも槍玉=明日、運命の投票日2018年10月6日 《ブラジル》大統領選=ボルソナロが討論会蹴り、他局に出演=他候補からは批難殺到=グローボではハダジも槍玉=明日、運命の投票日  4日、一次投票前では最後となるテレビでの大統領選討論会がグローボ局で行われたが、支持率1位のジャイール・ボルソナロ氏は、「医師から止められた」として出演しなかった。ところが、同じ時間帯のレコルデ局の番組では独占インタビューを受け、他候補から批判を浴びた。5日付現地紙が […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?2018年9月28日 得意の「間際の奇跡」は今回も起こるのか?  10月7日に一次投票が迫った大統領選は、極右候補ジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)と政権奪還を目指す労働者党(PT)のフェルナンド・ハダジ氏の、左右両極対決で決選投票になるだろう、という見方が強くなってきている。たしかに、ここ最近報道される世論調査の結果か […]