ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州警察=カンピーナス地方で大型摘発=諸犯罪で逮捕令状3500件

サンパウロ州警察=カンピーナス地方で大型摘発=諸犯罪で逮捕令状3500件

 サンパウロ州警察が13日、内陸部のカンピーナス地方だけで3500件の逮捕令状が出る大型摘発を行った。対象となる犯罪は、麻薬密売や窃盗、養育費不払いなどで、同日12時半までの逮捕者は、同地方だけで数百人に上った。
 市警と軍警合同の大型摘発作戦は、カンピーナス地方だけで約3500件、州全体では6500件の逮捕令状が出るという、通常では見られない規模になった。
 カンピーナス地方の場合、同州第2の都市、カンピーナス市に本部がある内陸部第2地区の警察署が、一斉に行動に移った。同地区では、カンピーナス市の第4署だけで昼過ぎまでに197人逮捕など、数百人分の逮捕令状が執行された。昼過ぎまでに逮捕者が出た市は、ヴァリーニョス、ヴィニェード、パウリニア、インダイアツーバ、ロウヴェイラ、ソコーロ、モジ・ミリン、ペドレイラ、リンドイア、アメリカーナなどだ。
 今回の作戦はサンパウロ州保安局が統括し、13日午前6時に行動を開始。市警によると、2015年以降に起きた犯罪を対象に、サンパウロ市やサンパウロ大都市圏、内陸部の全地域で6500件の逮捕令状が出た。警察が必要と判断し、協力を要請した場合は、市警備隊も捜索などに参加している。
 逮捕者は最初、各地の警察署に連行された後、各地区の留置所に移される。調書を作り、身体検査なども終えた逮捕者らは最終的に、州立刑務所に送られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ2018年10月11日 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ  サンパウロ水道局(SABESP)が2020年までに、マルジナル・チエテの下に全長7・5キロに及ぶ下水道を完成させる予定であることが明らかになった。10日付現地紙が報じている。  このトンネルは、マルジナル・チエテの地下18メートルの所に造られており、現在は12時間で1メート […]
  • 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に2018年10月9日 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に  バイア州で8日午前3時頃、大統領選に関して口論となったカポエラ師が、相手にナイフで刺されて殺される事件が起きた。8日付現地サイトが報じている。  殺されたのは「モア・ド・カテンデー」の名で知られるロムアウド・ロザーリオ・ダ・コスタ氏(63、以下、カテンデー)で、現場は、バイ […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂2018年10月4日 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂  1日、サンパウロ市西部ブタンタンで、女装者がバスの運転手をナイフで刺し、通行人を車ではねる騒動があったと、3日付現地紙が報じている。  この事件は1日午後5時ごろに起こった。ブタンタン駅の前の通りを通ったバスの運転手に、女装者のフェルナンダ・アマラル・デ・リマ容疑者が「自分 […]