ホーム | 日系社会ニュース | 歌や踊りで老若男女が笑顔に=ピラール第40回敬老会

歌や踊りで老若男女が笑顔に=ピラール第40回敬老会

子供たちによるダンス

子供たちによるダンス

 ピラール・ド・スール文化体育協会(阿部勇吉会長)は「第40回敬老会及び入植慰霊祭」を1日、同文協会館で開催した。日本語学校生徒、青年会、父兄会、婦人会などが協力し、例年以上の盛り上がりとなった。
 入植慰霊祭は午前8時に始まり、僧師の読経と参列者の焼香が厳かに執り行われた。続く敬老会では、75歳以上の敬老者91人のうち約60人が会場に元気な姿を見せた。最高齢者は97歳の宮崎マサさんだった。
 今年から敬老者となった阿部会長は「おしゃべりしたり歩いたりするなど、自覚的に健康で長生きしましょう」と励ました。
 婦人会による手作り弁当を楽しんだ後、余興が披露された。日本語学校生徒は、この日のために2週間毎日練習した合唱や手話を披露した。
 代表の下田としお君(13)は「おばあちゃんと日本語で話していると勉強になります。『ありがとう』という気持ちを伝えるため一生懸命練習しました」と感謝を伝えた。
 他にも幼稚園児のお遊戯、11歳以下の踊りが行われた。12歳以上の25人が行ったダンスは目まぐるしく動き回る圧巻の演技で、会場からは一際大きい拍手が送られた。また20年近く続いている婦人会・日語校母の会・日語校教師合同による踊りも2曲披露され、会の盛り上げに一役買っていた。
 89歳の田鍋亨(とおる)さんはカラオケ2曲を披露して生気溌剌たる姿を見せた。青年会「青春組」は唱歌「ふるさと」を合唱。同会は鐙野しずおさん(23、三世)が会長を務めている。
 これまでのピラールでの生活や文協の行事に係る写真をフォトムービーとして上映した。敬老者たちは曲を口ずさんだり、涙を浮かべて聞き入るなどし、それぞれの「ふるさと」の情景に思いを馳せていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ワールド寿司杯=日系女性が4位に初入賞!=寿司職人の世界一決定戦で=決勝の20人中8人が伯国籍2018年9月19日 ワールド寿司杯=日系女性が4位に初入賞!=寿司職人の世界一決定戦で=決勝の20人中8人が伯国籍  世界各国の外国人寿司職人が腕を競い合う、世界一決定戦「ワールド寿司カップ」が先月23、24の両日に東京都内で開催され、女性としては初めて聖州イタペチニンガ出身の斉藤森サンドラさん(41)が4位に入賞したと、G1サイト14日付けが報じている。今大会には、世界14カ国から […]
  • 池坊ブラジル支部50周年花展=日本の森部隆教授の実演も2018年9月19日 池坊ブラジル支部50周年花展=日本の森部隆教授の実演も  池坊ブラジル支部(河村徳子支部長)は創立50周年と移民110周年を祝し「記念花展」を22、23日の両日、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 第4回「さあ~始めよう」=寄付金5万レ、続行望む声も2018年9月19日 第4回「さあ~始めよう」=寄付金5万レ、続行望む声も  歌手の中平マリコさんが企画した芸能イベント『さあ~始めよう』の第4回目が2日に開催され、中平さん、文協の上辻照子副会長、中島エドアルド事務局長が報告のために来社した。同イベントは文協文化ホール改修工事の資金援助を募っていて、今回は5万764レアルが集まった。  コロ […]
  • PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展2018年9月18日 PLゴルフクラブが50周年!=記念大会に過去最大200人=邦人向けクラブとして発展  邦人駐在員が自由にプレーできるゴルフ場として創設された社団法人PLゴルフクラブ(天野一郎理事長)――「開場50周年記念大会」が16日に開催され、同クラブ主催のコンペとしては過去最大となる約200人が参加し、半世紀の節目の年を盛大に祝した。  アルジャーゴルフクラブに […]
  • 第七十回全伯短歌大会2018年9月19日 第七十回全伯短歌大会 ■互選高得点歌■ ◎一位・(四三票)   木村 衛    四番   苛酷なる試練に堪えし人々のゆとりの短歌味わい深し(三六票)   一四番   ひたすらに夢追い続け年重ね酒杯を重ぬ人恋いし夜(七票) ◎二位・(三八票)   山元治彦   六〇番 朝やけにむかい […]