ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》人間開発指数=若干改善も3年連続79位=格差を入れると96位に

《ブラジル》人間開発指数=若干改善も3年連続79位=格差を入れると96位に

 14日に発表された国連開発計画(Pnud、英語ではUNDP)によると、2017年のブラジルの人間開発指数(HDI)は前年より0・001ポイント上がり、0・759になったが、世界189カ国中のランキングは3年連続の79位だったと14日付現地紙サイトが報じた。
 HDIは平均余命と教育(識字率、就学率)、所得を指数化し、ある国の平均達成度を測る指標で、1に近いほど評価が高い。上位のノルウエーやスイス、オーストラリア、アイルランド、ドイツは0・953~0・936で、下位のニジェールや中央アフリカ、南スーダン、チャド、ブルンジは0・354~0・417だった。
 ブラジルの平均余命は、1990年以降、10年以上延び、75・7年に達した。2016年は75・5年だったから、1年で0・2年延びた事になる。平均余命の指数は0・765だった。
 国民1人あたりの所得(国民総生産・GNPで算出)は1万3730ドルから1万3755ドルに増えたが、2015年に記録した1万4350ドルは下回っている。所得に関する指数は0・471だった。
 国民の平均就学年数は7・8年で、16年と同じだった。この数字と、今、学校に入る子が勉強すべき期間の15・4年は、15年から変わっていないという。
 ラ米でのブラジルは、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、ベネズエラに次ぐ5位で、辛うじて、ラ米・カリブ諸国平均の0・758を上回った。
 BRICSでは、ロシアの0・816(世界49位)に次ぐ2位で、以下、中国、南アフリカ、インドと続く。
 なお、所得や医療、教育へのアクセスなどの格差を加味した指数は0・578で、世界ランキングは一気に17落ちる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 未だに変わらぬ男女の格差2018年9月20日 未だに変わらぬ男女の格差  国連開発計画(Pnud)がブラジルの人間開発指数(HDI)は3年間ほぼ不変で、79位維持と発表した14日、ブラジル人女性は男性より就学年数も寿命も長いが、給与は男性より42・7%少ないとのデータも発表された。格差も加えたブラジルのHDIは96位との話が、腑に落ちる資料の一つだ […]
  • 《ブラジル》景気後退終わっても続く格差=1千万人が月40レアルで暮らす2018年4月13日 《ブラジル》景気後退終わっても続く格差=1千万人が月40レアルで暮らす  景気後退期(リセッション)は2016年末で終わったが、2017年も月40レアルで暮らす人が1千万人おり、所得上位1%の人の平均月収は低所得者達の36倍など、社会格差は依然大きいと11、12日付現地紙、サイトが報じた。 […]
  • 《ブラジルネット事情》「ネットはスマホでだけ」が49%=所得格差によるネット環境の差も指摘2018年7月26日 《ブラジルネット事情》「ネットはスマホでだけ」が49%=所得格差によるネット環境の差も指摘  ブラジルインターネット運営委員会(CGI・Br)が24日に発表したところによると、ブラジル国内350市、2万3千人に聞き取り調査を行った結果、インターネットにアクセスしているブラジル人の内、ほぼ半数はもっぱらスマートフォンでアクセスしている事がわかった。  この調査は200 […]
  • ブラジル経済格差=上位1割が富の半分以上を独占=わずか1%が3割近く占有2017年12月16日 ブラジル経済格差=上位1割が富の半分以上を独占=わずか1%が3割近く占有  世界的ベストセラーとなった「21世紀の資本」で知られる、フランス人経済学者のトマ・ピケティ氏が率いる研究グループの調査によると、ブラジルの経済格差の大きさは世界有数で、中東諸国に次ぎ、インドやサハラ砂漠以南諸国と同じ水準である事がわかったと、14、15日付ブラジル国内紙・サイ […]
  • 国際女性デー=依然大きいブラジルの性格差=女性が家長の世帯は倍増2018年3月8日 国際女性デー=依然大きいブラジルの性格差=女性が家長の世帯は倍増  「国際女性デー」を前に、6~7日付現地サイトが、女性に関する様々なデータを掲載している。1904年3月8日に米国ニューヨークでの婦人参政権要求デモ以降、女性への差別撤退と女性の地位向上を訴える運動が続き、国際婦人年(1975年)からは、3月8日が「女性の十全かつ平等な社会参加 […]