ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国でブラジル人男性がサメに襲われ死亡=北東部海岸でサーフィン中

米国でブラジル人男性がサメに襲われ死亡=北東部海岸でサーフィン中

 米国北東部マサチューセッツ州で、サーフィンをしていたブラジル人男性がサメに襲われて亡くなる事故が起きた。16日付現地サイトが報じている。
 亡くなったのはアルトゥール・メジシさん(26)だ。フェイスブックなどの情報によると、メジシさんは4年前から米国に住み、マサチューセッツ州ボストンのバンカー・ヒル通信大学の学生だった。
 事故が起きたのは15日の正午頃で、同州ウェルフリートにあるニューカム・ホロウ海岸から約270メートル離れた沖で、サーフィンの一種であるボディボードをして楽しんでいたが、突然サメに襲われたという。メジシさんはサーフ仲間らによって救助され、病院に運ばれたが、力尽きたという。
 同州では80年もの間、サメに襲われての死者は出ていなかったが、8月15日にも、今回の事故現場から15キロ離れた地点でサメに襲撃される事件が起きている。8月の事件の被害者は緊急手術後、現在も入院加療中だが、9月末には退院許可が出る見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ2018年10月11日 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ  サンパウロ水道局(SABESP)が2020年までに、マルジナル・チエテの下に全長7・5キロに及ぶ下水道を完成させる予定であることが明らかになった。10日付現地紙が報じている。  このトンネルは、マルジナル・チエテの地下18メートルの所に造られており、現在は12時間で1メート […]
  • 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に2018年10月9日 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に  バイア州で8日午前3時頃、大統領選に関して口論となったカポエラ師が、相手にナイフで刺されて殺される事件が起きた。8日付現地サイトが報じている。  殺されたのは「モア・ド・カテンデー」の名で知られるロムアウド・ロザーリオ・ダ・コスタ氏(63、以下、カテンデー)で、現場は、バイ […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]
  • 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂2018年10月4日 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂  1日、サンパウロ市西部ブタンタンで、女装者がバスの運転手をナイフで刺し、通行人を車ではねる騒動があったと、3日付現地紙が報じている。  この事件は1日午後5時ごろに起こった。ブタンタン駅の前の通りを通ったバスの運転手に、女装者のフェルナンダ・アマラル・デ・リマ容疑者が「自分 […]