ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国でブラジル人男性がサメに襲われ死亡=北東部海岸でサーフィン中

米国でブラジル人男性がサメに襲われ死亡=北東部海岸でサーフィン中

 米国北東部マサチューセッツ州で、サーフィンをしていたブラジル人男性がサメに襲われて亡くなる事故が起きた。16日付現地サイトが報じている。
 亡くなったのはアルトゥール・メジシさん(26)だ。フェイスブックなどの情報によると、メジシさんは4年前から米国に住み、マサチューセッツ州ボストンのバンカー・ヒル通信大学の学生だった。
 事故が起きたのは15日の正午頃で、同州ウェルフリートにあるニューカム・ホロウ海岸から約270メートル離れた沖で、サーフィンの一種であるボディボードをして楽しんでいたが、突然サメに襲われたという。メジシさんはサーフ仲間らによって救助され、病院に運ばれたが、力尽きたという。
 同州では80年もの間、サメに襲われての死者は出ていなかったが、8月15日にも、今回の事故現場から15キロ離れた地点でサメに襲撃される事件が起きている。8月の事件の被害者は緊急手術後、現在も入院加療中だが、9月末には退院許可が出る見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家2019年2月14日 《ブラジル》夏時間16日の深夜に終了=「寝坊は避けて」と専門家  16日(土)の深夜12時、17日の午前0時に夏時間が終了する。サンパウロ州、マット・グロッソ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ゴイアス、ミナス・ジェライス、エスピリト・サント、リオ、パラナ、サンタカタリーナ、リオ・グランデ・ド・スル州の10州と、連邦直轄区では、16日の夜12 […]
  • 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害2019年2月13日 《リオ》再びサッカー宿泊施設火災=バングーのユースチーム被害  10人の犠牲者を出した8日のフラメンゴのトレーニング・センター火災からわずか3日後、同じリオ西部で、別のサッカー・クラブのユース選手が泊まっていた施設でも火災が発生した。こちらは惨事には至らなかった。12日付現地紙が報じている。  火災現場は、カンポ・ドス・アフォンソスにあ […]
  • 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に2019年2月13日 「植民地時代の黒人奴隷のよう」=ヴォーグ・ブラジル編集長のインスタグラム投稿が大問題に  ファッション雑誌「ヴォーグ」のブラジル版編集長が、19世紀の奴隷制時代の女帝を想像させる衣装を着た写真をSNSに掲載したことで物議を醸した。  これは同誌編集長ドナタ・メイレレス氏が50歳の誕生日を祝う企画として、8日に自分のインスタグラムにあげたものだった。  これはバ […]
  • 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍2019年2月5日 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍  昨年逮捕され話題を呼んだ世界的に有名な心霊療法家のジョアン・デ・デウス氏をはじめ、宗教的な性犯罪に対する闘士として知られていた活動家のサブリナ・ビッテンコートさん(38)が2日、自殺と見られる謎の急死を遂げ、大きな話題を呼んでいる。3日付現地紙が報じている。  サブリナさん […]
  • 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難2019年2月9日 《ブラジル 鉱山ダム決壊事故関連》新たな鉱山ダム決壊の恐れで、2市で住民700人が緊急避難  ミナス・ジェライス州で7日未明、バロン・ド・コカイス及びイタチアイウスでヴァーレ社所有の鉱滓ダムに決壊の恐れがあるとして警報がなり、両市の市民が緊急避難を行なった。8日付現地サイトが報じている。  まずミナス州中央地区に属するバロン・ド・コカイスでは、午前1時頃にヴァーレ社 […]