ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ロライマ州=ヤノマミ族が医療関係者ら21人を軟禁=新生児2人の死亡事件受け

《ブラジル》ロライマ州=ヤノマミ族が医療関係者ら21人を軟禁=新生児2人の死亡事件受け

ロライマ州に住むヤノマミ族の集落の一つ(参考映像、Leonardo Prado/PGR)

ロライマ州に住むヤノマミ族の集落の一つ(参考映像、Leonardo Prado/PGR)

 ロライマ州北部のアウト・アレグレ市スルクク地区に住む先住民のヤノマミ族が16日、ヤノマミ族特別衛生管区(DSEI―Y)コーディネーターの退陣と医療サービス改善を求め、先住民医療特別局(Sesai)職員と小型機3機を人質に取る事件を起こしたと17、18日付現地紙サイトが報じた。
 この事件は、わずか10日の間に同族の新生児2人が死亡し、もう1人も重体に陥って病院に運ばれた事を受けた抗議行動だ。人質となった医療関係者や小型機の操縦士は計21人で、同州ヤノマミ族人権協会のジュニオル・エクラリ・ヤノマミ会長によると、医療関係者らは現地を離れる事を禁じられたが、暴力行為や抗争、脅迫といった事実はなく、負傷者も出ていないという。
 同氏によると、先住民協会リーダーらは、16日午後、ラジオを通じて流れた情報で、事件の事を知ったという。
 ロライマ州とアマゾナス州には、3千人を超えるヤノマミ族が住んでいる。同族の間では、マラリアの患者が急増しているのに、遠隔地のコミュニティでは90日間もヘリコプターが来ない状態が続いていたという。
 抗議行動を起こしたのは同州北部にある15のコミュニティの人達で、DSEI―Yのロウジクレル・デ・ジェズス・オリヴェイラ氏はろくに仕事もしない上、先住民との対話を保とうとする姿勢がなく、先住民の要請にも応じようとしないという。
 Dsei―Yは17日に総弁護庁と、18日には連警や国立先住民保護財団(Funai)と連絡をとり、Dse―Y職員と先住民リーダー各1人を現地に派遣した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2005年2月2日 コラム 樹海 […]
  • ヴィルジリオ上議=上院議長疑惑に風穴を=「雨垂れ、石を穿つ」=自ら縁故採用の要領指南か=盗聴捜査で容疑固まる2009年7月17日 ヴィルジリオ上議=上院議長疑惑に風穴を=「雨垂れ、石を穿つ」=自ら縁故採用の要領指南か=盗聴捜査で容疑固まる ニッケイ新聞 2009年7月17日付け […]
  • コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道2020年4月30日 コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道  リーマンショックの悪夢再来か――。新型コロナ災禍の影響により、日本でも休業や倒産する会社が増える中、恐れていた外国人労働者派遣切りが増えてきたと日本の新聞が報じている。  車の需要が落ち込み、日本の自動車メーカー8社すべてが大型連休(4月26日から5月10日まで)をまたいで […]
  • 樹海2014年12月27日 樹海  本紙サイトで連載していた『竹内香苗のブラジル便り』が先週の第45回をもって終了した。竹内さんは愛知県出身のフリーアナウンサー。夫のブラジル赴任に伴い12年にTBSを退社し、同年11月からサンパウロ市に滞在していた。食や観光、W杯にクリスマス。日本から来たばかりの新鮮な目線 […]
  • コラム オーリャ!2008年2月1日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年2月1日付け  今月十七日にブラジリアで行なわれた連邦政府主催の日伯交流年セレモニーでは、一言も発しなかったルーラ大統領。  三十日にあったトヨタ・ド・ブラジルの五十周年式典では、日本との経済関係活性化を期待、大いに張り切った。 […]