ホーム | Free | 「勇気を出しなさい!」=エホバ証人大会、今月末

「勇気を出しなさい!」=エホバ証人大会、今月末

 ものみの塔聖書冊子協会による「エホバの証人大会」が28、29、30日の3日間、聖市のエホバの証人の王国会館(Rua Afonso de Freitas, 179, Paraiso)で開催される。入場無料。日語のみ。
 紛争、災害、疫病、民族対立が激化する現在を危機の時代と捉え、今年のテーマを「勇気を出しなさい!」とした。
 3日間を通じ、講話を中心に行われる。最終日の30日午前11時20分から「公開聖書講演・復活 勇気を与える希望」、午後1時半からは、映画「勇気と憐れみを学んだ人~ヨナの物語」が見所となる。
 来社した星大地さん、吉田圭佑さんは「3日間を通じて理解を深める内容になっていますが、興味のあるところだけ参加することも可能。是非、気楽にご参加下さい」と呼びかけた。
 3日とも午前9時20分開始で、28、29日は午後4時50分、30日は午後3時50分まで。問合せは、吉田さん(11・96428・7047)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ものみの塔聖書冊子協会の星大地さんによれば、当地において日本語で布教活動が始められたのは70年代。当時、日系人はすでにポ語で布教活動をしており、日本語で実施されていなかった。そこに目をつけたのが当時、急増していた韓国移民だった。布教活動のなかで、日語で邦人に布教されていないのに気づき、大日本帝国統治下で日語を学んだ韓国人らが始めたのが、当地での日語布教の始まりだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ