ホーム | Free | 「勇気を出しなさい!」=エホバ証人大会、今月末

「勇気を出しなさい!」=エホバ証人大会、今月末

 ものみの塔聖書冊子協会による「エホバの証人大会」が28、29、30日の3日間、サンパウロ市のエホバの証人の王国会館(Rua Afonso de Freitas, 179, Paraiso)で開催される。入場無料。日語のみ。
 紛争、災害、疫病、民族対立が激化する現在を危機の時代と捉え、今年のテーマを「勇気を出しなさい!」とした。
 3日間を通じ、講話を中心に行われる。最終日の30日午前11時20分から「公開聖書講演・復活 勇気を与える希望」、午後1時半からは、映画「勇気と憐れみを学んだ人~ヨナの物語」が見所となる。
 来社した星大地さん、吉田圭佑さんは「3日間を通じて理解を深める内容になっていますが、興味のあるところだけ参加することも可能。是非、気楽にご参加下さい」と呼びかけた。
 3日とも午前9時20分開始で、28、29日は午後4時50分、30日は午後3時50分まで。問合せは、吉田さん(11・96428・7047)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ものみの塔聖書冊子協会の星大地さんによれば、当地において日本語で布教活動が始められたのは70年代。当時、日系人はすでにポ語で布教活動をしており、日本語で実施されていなかった。そこに目をつけたのが当時、急増していた韓国移民だった。布教活動のなかで、日語で邦人に布教されていないのに気づき、大日本帝国統治下で日語を学んだ韓国人らが始めたのが、当地での日語布教の始まりだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ福音教会=第43回慈善バザー2008年9月9日 サンパウロ福音教会=第43回慈善バザー ニッケイ新聞 2008年9月9日付け  サンパウロ福音教会(作間サムエル牧師)は十四日午前十一時から同教会(R.Tomas Carvalhal,471、地下鉄パライゾ駅近く)で第四十三回慈善バザーを開く。 […]
  • 12月援協定例会=内村評議員から新たに物件寄付2018年1月4日 12月援協定例会=内村評議員から新たに物件寄付  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、『12月度定例役員会』を21日午前9時半から、援協本部ビル4階で開催した。  冒頭、挨拶に立った与儀会長からは、援協に長年寄付をしてきた内村俊一評議員から、新たにアパート10件の寄付があったことを明かし、内村氏に対し感謝が伝えられた […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • サントス日本人会演芸会2007年9月20日 サントス日本人会演芸会 ニッケイ新聞 2007年9月20日付け […]
  • 連邦議会がLDOを承認=予算案審議への道筋つける=議員給や所得税引き上げも2014年12月19日 連邦議会がLDOを承認=予算案審議への道筋つける=議員給や所得税引き上げも  連邦議会が17日、2015年度予算案審議のための土台となる連邦予算基本法(LDO)を承認したと18日付伯字紙が報じた。 LDOには15年度予算案の骨組みともなる経済目標などが盛り込まれており、これが承認されれば、来年度予算案が年内に承認出来なくても公共支出が可能となる。  […]