ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 日伯文化連盟ピニェイロス文化センターで「日本庭園」についての講演会が22日午後2時半から4時まで行われる。講演者はサルキス・セルジオ・カロウスチャンさん。マッケンジー大学の都市建築科で学んだほか、文部省と亀岡ロータリークラブの制度で京都大学にも留学し、日本の現代建築について研究した。現在はアニェンビー・モルンビ大学都市建築科の教授として活躍している。日系社会の日本庭園にも新しい発見があるかも? 問い合わせは同センター(11・3031・5550)まで。
    ◎
 『ジャポネス・ダ・フェデラウ』(連邦の日本人)のイシイ・ニュートン氏が7月に『O carcereiro(看守)―連邦の日本人とラヴァ・ジャット作戦の逮捕者たち』(ルイス・アルベルト・カリージョ著、ロッコ出版)を出版していた。同書はラヴァ・ジャット作戦で逮捕、拘束された政治家や企業家の連行役など、連邦警察での仕事について記したもの。全文ポ語、34・90レ。興味のある方は、お近くの書店で求めてみては? 8月にグローボ局のインタビュー番組「コンベルサ・コン・ビアウ」に出演し、学生だった70年代に軍政にスパイとして協力し、左派集会に顔を出してはその様子を軍部に報告していたと明かした上で、「民主主義が一番いい」と総括したとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月25日 大耳小耳  日毎叢書企画出版(前園博子主宰)による『楽書倶楽部』第47号が4月に刊行された。冒頭には、ほんのり初恋のほろ苦さが漂う移民ならではの短編ロマンス「再会」(広川和子)。本紙でもおなじみの毛利律子さんによる「見直したい、美しい日本語(1)」も考えさせられる一文。「ありがとう」は漢 […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]
  • 大耳小耳2018年12月11日 大耳小耳  第59回海外日系人大会(6月6日~9日、米国ハワイ)の報告書を見ていたら、カナダ日系文化センターの五明明子さんが「日系プレース」というユニークな施設の説明をしていた。バンクーバーのほぼ中心部にあり、3エーカー(約1万2千平米)の土地に、日系文化センター、博物館、シニア向けの集 […]