ホーム | 日系社会ニュース | J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適

J‐TEST=11月、初のビジネス日本語=上級者の腕試しに最適

 『J‐TEST実用日本語検定』(運営=語文研究社)の「第4回公開試験」を11月4日に行うにあたり、受験者を募集している。申込みは10月11日まで。
 今回は従来の初級者向けの「E‐Fレベル」、中上級者向けの「A‐Dレベル」に加え、ビジネス実用日本語検定も行なわれる。
 ビジネス実用日本語検定は日本語を使ったビジネスコミュニケーション能力およびその基礎となる知識を測定するもの。日本語検定のN1合格レベル程度の日本語能力がある人が対象となる。
 以前はジェトロ「ビジネス日本語能力テスト」が行なわれていたが、現在はない。J‐TESTとしても、ビジネスレベルの試験は日本と中国でしか実施されておらず、伯国が3国目。貴重な機会といえる。日系企業への就職希望者に最適。N1程度の日語能力を持つ人の腕試しなどに勧められている。
 「E‐Fレベル」は午前9時50分から11時50分、「A‐Dレベル」と「ビジネスJ‐TEST」は午後1時から3時25分まで。試験会場はメトロ・アナホーザ駅近く。受験者のみに通知される。
 詳細・申込は同社HP(http://www.jmasterbrasil.com.br/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも2018年10月2日 援協定例役員会=手術件数、過去最大を記録=19日に福祉団体フォーラムも  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「9月定例役員会」を先月27日、援協本部ビルで開催した。  冒頭、与儀会長は日伯友好病院創立30周年を先月22日に無事終了したことを報告。今月の大統領選について「見通しの不透明な難しい局面にある」との見方を示し、翌年の援協創立60年に […]
  • ヤンマー=トラクター組立工場を開所=農機市場に本格再参入目指す=インド企業と提携、2千台へ2018年10月12日 ヤンマー=トラクター組立工場を開所=農機市場に本格再参入目指す=インド企業と提携、2千台へ  発動機ならびに農機、建機、小型船舶の製造販売を行う大手企業グループのヤンマーホールディングス株式会社のブラジル子会社、ヤンマーサウスアメリカ有限会社(本社=インダイアツーバ市、北原健二代表取締役社長)は、農業トラクターの組立を主とする新工場開所式を10日、同社工場で催 […]
  • JCI=ブラジリアンマインド第2弾=駐在員向け、伯国の文化を知る2018年10月12日 JCI=ブラジリアンマインド第2弾=駐在員向け、伯国の文化を知る  ブラジル日本青年会議所(村上パトリシア会長、以下JCI)が23日午後7時半から10時まで、ブルーツリープレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, 707, Cerqueira […]
  • 飯星下議、無念の落選=「4年後の再選目指す」2018年10月12日 飯星下議、無念の落選=「4年後の再選目指す」  今月7日に投開票が行われた統一選挙で、惜しくも再選を逃した飯星ワルテル連邦下院議員(PSD、二世、57)は、11日午後に本紙を訪れて選挙戦を振返り、有権者に感謝の言葉を述べた。  飯星下議は、4期目の再選を目指して戦ったが無念の落選。14年選挙では8万8070票を獲 […]
  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第1回2018年10月12日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第1回  この『沖縄戦の惨苦――戦争孤児』は、「移民自身による手作りの移民史」を標榜する日ポ両語の同人誌『群星』の第4号に掲載された記事の転載。ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同誌には、毎号読み応えのある沖縄移民独自の物語が発掘され、掲載されている。今回の […]