ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ氏=外務省に前妻の保護申請記録=「殺すと脅されている」=現在は既に示談成立も=29日には大規模抗議運動

《ブラジル》ボウソナロ氏=外務省に前妻の保護申請記録=「殺すと脅されている」=現在は既に示談成立も=29日には大規模抗議運動

25日付フォーリャ紙より

25日付フォーリャ紙より

 極右大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の前妻が、「(同氏から)殺されるのを恐れてノルウェーに逃げている。かくまってほしい」と要請した記録が外務省にあり、当時の在ノルウェー伯国大使館担当者がその電報を打ったことを認めていたことが25日に判明した。29日には全国で、同氏に対する女性たち主導の抗議デモが行われる予定となっている。26日付現地紙が報じている。

 この件は2011年6月、当時、ノルウェーにあるブラジル大使だったカルロス・エンリケ・カルジン氏に、ボウソナロ氏が電話で連絡を取ったことに端を発している。ボウソナロ氏はその電話で、「妻が自分の許可なしに幼い息子を連れてノルウェーに行っている。状況が知りたい」と語ったという。また、翌日は、外務省からも同件に対応するよう要請する電報が届いたという。その当時、ノルウェーではテロによる連続殺人が起こっていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ