ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■『ガイジン2』のばっちゃんが90歳

■ひとマチ点描■『ガイジン2』のばっちゃんが90歳

家族と共に誕生日祝う小野あやさん

家族と共に誕生日祝う小野あやさん

 『Gaijin―Ama‐me como Sou』のチトエ役を演じた小野あやさん(山形県米沢市)が8月19日に90歳を迎え、家族や友人と元気に祝った。
 小野さんは1928年8月14日、5人兄弟の末っ子として生まれ、1930年に家族と渡伯した。サンパウロ州カフェランジア市に入植後パラナ州サバウジア市に移り、現在はロンドリーナ市に住んでいる。
 小野さんは2005年に行なわれたグラマード映画祭グランプリで、栄えある助演女優賞を受賞。7人の子ども、15人の孫、2人の曾孫がいる。そのうち子孫から本格派女優が生まれるかも?! (雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第59話2020年10月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第59話  ただ、日本人移民の場合は、文化性や言語、あるいは人種というものの隔たりが大きなものであった分、その障害物を超えるのに、それなりの時間がかかり、それなりの苦難が伴ったことは事実であろう。  もっとも、ブラジル人であるマルコスにとっては、その辺りのことは直接見えるものでもなく、 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第58話2020年10月16日 中島宏著『クリスト・レイ』第58話 「しかし、それはおかしいではないか。自分はブラジル人で、ここはブラジルなんだから、決して外国人というわけではない。外国人ということであれば、ここにいる日本人移民の人たちこそみんな、ガイジンと呼ぶべきだろう」と言うと、 「いや、それでも俺たちにとって、お前はガイジンなんだ」とい […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第57話2020年10月15日 中島宏著『クリスト・レイ』第57話  正式に移民としてやって来る、世界中の人々に対して同じ機会を与え、同じ保証を与えるという点においては、この国は誠に大国の度量を備えているといっていい。  ただ、まったく違った国からやって来る以上、最初の期間は彼らだけの集団の中で生活するのは当然であり問題もないのだが、しかし、 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)2020年5月29日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)  ジュンジあるいはジュンとよばれていたジョージはサンパウロ大学工学部に入学したばかりだった。入学の試験勉強に影響を及ぼさないよう、父親の病気が重いことをだれも彼に明かさなかった。  3人はすでに結婚していた。セーキはアパレシーダ・カンヂダ・デ・モラエスと結婚し、セルジオという […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]