ホーム | コラム | 樹海 | 今も根強い男性至上主義

今も根強い男性至上主義

 26日付2面に25歳のブラジル人男性から暴行を受けた米国在住で22歳のブラジル人女性の話が載っている。男性が全て暴力的な訳ではなく、報道されるのは問題のある例ばかりと知ってはいるが、25日付G1サイトの記事では、男性至上主義に取り付かれた人の怖さを改めて感じた▼酒を飲んだ加害者は行動が荒々しくなり、「携帯電話をよこせ」と命じた上、「何でお前はそんなにバカなんだ。俺が携帯をよこせと言ったら、素直に渡せ。いい加減バカな真似はやめろ。男の方が女より権力がある事がわからないのか。お前は女だから、俺の言う事をきくのが当たり前だ」と言い、暴行し始めたという▼加害者は女性を突き飛ばし、頭を両足で挟んで動けなくして顔に生理食塩水を浴びせる、顔を蹴飛ばす、髪の毛をつかんで引きずり回す、顔を床に打ち付ける等の暴行を加えた。トイレに逃げ込んだが扉を壊され、携帯を渡して逃げた女性を見た門番が、警察に通報、救急車を呼んだ▼加害者は所持品を取りに戻った女性に同行した警官に逮捕された。女性が録音していた前述の発言内容が、同僚の女性下議を嘲った某大統領候補の発言そっくりと思うのはコラム子だけか? ネット上の写真や携帯ソフトの通話にも文句をつけられていた女性。「自分が第一で、相手の人格を認め、尊敬できない人とは別れるべき」と、同様の状況に置かれた女性に提言した▼互いが過度に心理的に依存する「共依存」例もあり、男女関係は一概に言えないが、昨今の社会通念は変化している。経済力がない、報復が怖いといって泣き寝入りする人も多いが、権力を振り回すだけの男性は現実に目覚める必要があるのでは。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?2019年3月1日 「リオのカーニバル」のパレードの歴史はどのくらい?  もう、今日が終わりそうなあたりから聖市、そして全国が注目のリオで3日の23時30分からカーニバルのデスフィーレ(パレード)がはじまる。伯国民にとっては、それに興味があろうとなかろうと、もはや無意識のうちに刷り込まれた日常、とでもいうべき、不可欠な存在でもある▼エスコー […]
  • 歌と人生、世代交代2019年2月28日 歌と人生、世代交代  21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマ […]
  • 元隠れキリシタンが作った保和会の役割2019年2月26日 元隠れキリシタンが作った保和会の役割  「保和会がもうなくなるかもしれない」―そんな噂を聞いて愕然とし、関係者を急いで探した。  保和会といえば、福岡県三井郡大刀洗町今村出身者で、元隠れキリシタンの青木家、平田家らが中心になって作った親睦会だ。1960~70年代には、平田ジョン進連邦下議の選挙応援で大活躍 […]
  • インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉2019年2月19日 インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉  「インディオは猿を食べる。どうやって食べるかといえば、そのまま焚火にくべて丸焼きにするんだ。最初、毛が焼ける臭いがして、腹がプクーッて膨らんで、ポンって弾ける。そのうち頭が焼けてきて、歯をむき出したような顔になるんだ。正直って食べる気しないけど、皆と一緒に食べたよ、も […]