ホーム | コラム | 樹海 | 今も根強い男性至上主義

今も根強い男性至上主義

 26日付2面に25歳のブラジル人男性から暴行を受けた米国在住で22歳のブラジル人女性の話が載っている。男性が全て暴力的な訳ではなく、報道されるのは問題のある例ばかりと知ってはいるが、25日付G1サイトの記事では、男性至上主義に取り付かれた人の怖さを改めて感じた▼酒を飲んだ加害者は行動が荒々しくなり、「携帯電話をよこせ」と命じた上、「何でお前はそんなにバカなんだ。俺が携帯をよこせと言ったら、素直に渡せ。いい加減バカな真似はやめろ。男の方が女より権力がある事がわからないのか。お前は女だから、俺の言う事をきくのが当たり前だ」と言い、暴行し始めたという▼加害者は女性を突き飛ばし、頭を両足で挟んで動けなくして顔に生理食塩水を浴びせる、顔を蹴飛ばす、髪の毛をつかんで引きずり回す、顔を床に打ち付ける等の暴行を加えた。トイレに逃げ込んだが扉を壊され、携帯を渡して逃げた女性を見た門番が、警察に通報、救急車を呼んだ▼加害者は所持品を取りに戻った女性に同行した警官に逮捕された。女性が録音していた前述の発言内容が、同僚の女性下議を嘲った某大統領候補の発言そっくりと思うのはコラム子だけか? ネット上の写真や携帯ソフトの通話にも文句をつけられていた女性。「自分が第一で、相手の人格を認め、尊敬できない人とは別れるべき」と、同様の状況に置かれた女性に提言した▼互いが過度に心理的に依存する「共依存」例もあり、男女関係は一概に言えないが、昨今の社会通念は変化している。経済力がない、報復が怖いといって泣き寝入りする人も多いが、権力を振り回すだけの男性は現実に目覚める必要があるのでは。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 様々な違いは豊かさの源泉2018年12月27日 様々な違いは豊かさの源泉  25日夜、フランシスコ法王がクリスマスメッセージの中で、国籍や文化、宗教、人種、思想などの違いを超えた友愛を説き、「我々が持つ違いは欠陥や危険の源ではなく、豊かさの源泉だ」と語ったとのニュースを聞いた。法王は、愛がなければ、どんなに優れた計画やプロジェクトも、空虚で魂のこもら […]
  • 同じ「神のヨハネ」でも…2018年12月20日 同じ「神のヨハネ」でも…  最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の […]
  • 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル2018年12月21日 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル  今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推 […]
  • 今から来年が待ち遠しい1日2018年12月13日 今から来年が待ち遠しい1日  9日、サンパウロ市東部の日本人会館で、橘和音楽教室による「第13回友好の1日」が開かれた。昨年から12月第2日曜開催となった行事は、バンドで歌う人とキーボードの生徒の演奏、コーラスと盛り沢山。普段はカラオケで歌う人も、今年は全員(90人!)がバンドの生演奏で歌った▼今月は、日 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]