ホーム | コラム | 樹海 | 今も根強い男性至上主義

今も根強い男性至上主義

 26日付2面に25歳のブラジル人男性から暴行を受けた米国在住で22歳のブラジル人女性の話が載っている。男性が全て暴力的な訳ではなく、報道されるのは問題のある例ばかりと知ってはいるが、25日付G1サイトの記事では、男性至上主義に取り付かれた人の怖さを改めて感じた▼酒を飲んだ加害者は行動が荒々しくなり、「携帯電話をよこせ」と命じた上、「何でお前はそんなにバカなんだ。俺が携帯をよこせと言ったら、素直に渡せ。いい加減バカな真似はやめろ。男の方が女より権力がある事がわからないのか。お前は女だから、俺の言う事をきくのが当たり前だ」と言い、暴行し始めたという▼加害者は女性を突き飛ばし、頭を両足で挟んで動けなくして顔に生理食塩水を浴びせる、顔を蹴飛ばす、髪の毛をつかんで引きずり回す、顔を床に打ち付ける等の暴行を加えた。トイレに逃げ込んだが扉を壊され、携帯を渡して逃げた女性を見た門番が、警察に通報、救急車を呼んだ▼加害者は所持品を取りに戻った女性に同行した警官に逮捕された。女性が録音していた前述の発言内容が、同僚の女性下議を嘲った某大統領候補の発言そっくりと思うのはコラム子だけか? ネット上の写真や携帯ソフトの通話にも文句をつけられていた女性。「自分が第一で、相手の人格を認め、尊敬できない人とは別れるべき」と、同様の状況に置かれた女性に提言した▼互いが過度に心理的に依存する「共依存」例もあり、男女関係は一概に言えないが、昨今の社会通念は変化している。経済力がない、報復が怖いといって泣き寝入りする人も多いが、権力を振り回すだけの男性は現実に目覚める必要があるのでは。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い2020年7月7日 《記者コラム》樹海=邦字紙の読み方―2cmの折り目に込めた想い 「邦字紙にそんな読み方があったんだ!」  仕事が終了する間際の午後7時半ごろ、編集部内で雑談中、若手スタッフ(部員)から「うちの新聞って、1面と6面を比較すると、同じ新聞とは思えないぐらい内容が違うんですよね」としみじみ言われて、最初意味が分からなかった。  「 […]
  • 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝2020年7月3日 《記者コラム》ボウソナロ政権のダメ大臣列伝  日本のプロ野球ファンのひとつのジョークのネタに「ダメ外人列伝」というものがある。これは、「高い期待を期待されながら入団したのに、活躍することなく終わった外国人選手」を揶揄して楽しむものだ。  6月30日に教育相を辞任したカルロス・アルベルト・デコテッリ氏のこの数日の […]
  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]