ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ氏の次男が同性愛者拷問写真掲載=リオ市議会でも大問題に

《ブラジル》ボウソナロ氏の次男が同性愛者拷問写真掲載=リオ市議会でも大問題に

 リオ市議会は27日、前日に自身のインスタグラム上で同性愛者を拷問した写真をあげた上、侮蔑語を述べ、軍政時代の拷問を容認する書き込みを行った、カルロス・ボウソナロ市議を倫理委員会にかける決断を下した。同日付現地サイトが報じている。
 カルロス氏は大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏の次男で、26日に、父ジャイール氏に対するアンチ運動「エレ・ノン」に参加している芸術家が作ったとされる写真をインスタグラムに掲載した。そこには裸の体に「エレ・ノン」と書かれ、血だらけで縛られた男性が、頭にビニール袋をかぶせられて苦しむ姿が写し出されている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ