ホーム | ブラジル国内ニュース | ルーラ裁判=全員一致、第2審で有罪確定=量刑延長9年から12年に=「彼の犯罪であることは明白」と判事

ルーラ裁判=全員一致、第2審で有罪確定=量刑延長9年から12年に=「彼の犯罪であることは明白」と判事

24日のTRF4(Sylvio Sirangelo/TRF4)

24日のTRF4(Sylvio Sirangelo/TRF4)

 24日、リオ・グランデ・ド・スウ州ポルト・アレグレの第4地域裁(TRF4)で行なわれたルーラ元大統領(労働者党・PT)の罪を問う第2審裁判で、昨年7月のパラナ州連邦地裁に続いて有罪判決が下った。3判事全員が有罪を支持した。フィッシャ・リンパ法上ではルーラ氏は大統領選に立候補できないが、控訴・上告を重ねて出馬の道を探ることになりそうだ。同日付現地サイトが報じている。

 審理は午前8時30分からはじまり、原告である第4地域検察のマウリシオ・ゴタルド・ジェルム検事が、ルーラ氏とレオ・ピニェイロ被告をはじめとしたOAS社との疑惑に関し、「他の国でとうに終わった政界と企業との時代遅れの癒着が行なわれた。ルーラ氏は堕落した」と責めた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ