ホーム | 文芸 | 刊行 | ピンドラーマ=10月号

ピンドラーマ=10月号

 コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」10月号が出版された。
 「美人を作るレストラン&カフェ」では健康志向のレストランやナラ・ラーメンのヴィーガンラーメンなどを紹介。
 また、好評連載中の「ぐるめうぉっちゃー」「ブラジル社会レポート」のほか、「ポルトガル語のワンポイントレッスン」などグルメ、イベント、求人情報を掲載。
 日系書店、日本食材店などで配布中。問合せは同出版社(11・3277・4121)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介2018年10月5日 『日本事情豆知識』出版=日本の生活に密着した文化紹介  日本文化を日ポ両語で紹介する『日本事情豆知識』(グラフィカ・パウロス出版)が出版された。全75ページ、40レ。500冊。  翻訳家の栗原章子さん、日伯文化連盟(アリアンサ)で日語教師を務める西澤紘子さん、サンパウロ大学日本文化研究所の菊池渡所長が執筆・編集を行なった […]
  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 東西南北2018年10月12日 東西南北  11日付同欄でも報じた、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで8日に起きた、19歳の女子学生が男性3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた事件が物議を醸している。被害者は大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対する反対運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていて襲われ […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(61)2018年10月12日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(61)  あっけにとられている私を引張って、大きな切り株の陰に行く。大き目の空き缶に高粱をざっと入れ、水筒から水を注いだ。石を積んだカマドに枯れ枝を重ね、マッチで火をつけて、缶を載せた。  マッチなど、ラーゲリ生活のなかでは宝石同様である。余程のことがないと持てなかった。 「貴重品 […]
  • 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ2018年10月11日 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ  サンパウロ水道局(SABESP)が2020年までに、マルジナル・チエテの下に全長7・5キロに及ぶ下水道を完成させる予定であることが明らかになった。10日付現地紙が報じている。  このトンネルは、マルジナル・チエテの地下18メートルの所に造られており、現在は12時間で1メート […]