ホーム | Free | 日本語祭りで全伯生徒作品展=日本語センターで21日

日本語祭りで全伯生徒作品展=日本語センターで21日

来社した一行

来社した一行

 ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)は「2018年度日本語祭り」を21日午前9時から、ブラジル日本語センター(Rua Manoel de Paiva, 45, Vila Mariana)で開催する。
 同祭では、全伯の日語校を対象に行なう作品コンクールの展示会と表彰式が行なわれる。今年は書道、絵画、硬筆、作文、まんが・アニメの5分野で、75校986人の生徒から1564作品が集まった。
 当日は、JICA次世代育成研修事業、同センター主催のふれあい日本の旅の参加者から報告が行われるほか、よさこいソーランなどのアトラクションや、折り紙などのワークショップなど、日本語や様々な日本文化に触れられる学びの場となっている。
 案内のため来社した日野寛幸教育副理事長、牧山純子、中村リーナ、藤田美恵企画員は「今年は浴衣の着付けや漫画体験など、新しい企画も準備しています。是非、お孫さんと一緒に展示会にお越し下さい」と参加を呼びかけた。
 問合せは、同センター(11・5579・6513)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 力作揃いの日本語祭り=ブラジル日語センターで2017年10月3日 力作揃いの日本語祭り=ブラジル日語センターで  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)は、『第15回日本語祭り』を10月18から22日の5日間、同センター(Rua Manoel de Paiva, 45, Vila […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]
  • 《ブラジル》幸福の科学=正心館落慶7周年=感動を共有する式典に2017年5月20日 《ブラジル》幸福の科学=正心館落慶7周年=感動を共有する式典に  宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)の当地拠点であるブラジル正心館(村田健治本部長)は、『落慶7周年記念式典』を21日午前10時から同館(Rua Domingos de Morais, 1154, Vila […]
  • 浴衣着付けと移民史講演=三重県人会で6日2016年11月2日 浴衣着付けと移民史講演=三重県人会で6日  『浴衣着付けワークショップ』と『伯国の日本人移民史講演』が6日、三重県人会(Av. Lins de Vasconcelos. 3352)で行なわれる。ワークショップは午前9時から、講演は午後2時半から。 […]