ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(59)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(59)

 この伐採はあの将校の個人の商売で、賃金を払わなくてよい捕虜を使って、切り出した材木を売り、儲けていたことが帰りの話題になった。通訳がばらしてくれたのだ。だからカンボーイは私たちの怠慢を見ぬふりをしたのだ。収容所に帰りついてみると、広場の一隅に舞台が出来ていた。日曜日毎に演芸会を催すことになったという。捕虜生活が長くなるにつれて、今日が何日で何曜日かという時間的観念は、全く消えてしまった。

  一二、演芸大会

 演芸会が始まっていると言われて、そうか、今日は日曜日なんだと広場へ行く。立錐の余地もないほどの観衆で埋まっていた。舞台では股旅物が演じられている。三度笠、旅合羽の渡世人を囲んで五人のやくざが刀を抜いて構えている。衣装も刀も鬘も全部手作りだそうな、と問わず語りに隣の男が教えてくれた。立ち回りよりも手作りの小道具に感心しているうちに、一幕は終わった。拍手鳴り止まず、観衆の興奮は物凄い。歌、漫才、劇が上手なのか、下手なのか分からなかったが、楽しい半日であった。
 赤城の子守唄、支那の夜、純情二重奏、旅姿三人男、夜来香など、郷愁をそそる懐かしい歌に歌手も聴衆も一体になって、総立ちになり大合唱を繰り返した。伴奏のギターも手作りだという。次の日曜日も大盛会であった。空腹も郷愁も忘れて過ごした。
 散髪所が開かれた。私たちの宿舎の連中の散髪日が来た。三人の男がバリカンを持って待ち構えていた。一コ班一五名の丸坊主頭は、忽ちのうちに終わり、頭が寒いなどと言いながら帰途につく。宿舎に入ると追いかけるように、正門前広場に集合の触れが来た。移動するらしい。私はもう一度、林田さんが収容された病棟へ走った。入口に立っている衛生係は、
「面会禁止だ」
 と、突慳貪にいう。
「林田という年配の応召兵に伝えてくれ。俺は谷口という同郷のもんだ。今、移動することになったが、どこへ行くか分からん。それだけでいいから伝えてくれ」
 そういい捨てて背を向けた。正門前に引き返しすと、すでに大勢が集合していた。いつものように行き先は示されなかった。

  一三、邂逅(一)

 幹部候補生の甲種、乙種の試験場で山下君とばったり出会った。山下君は中学時代の剣道部の一年後輩である。まさか、同じ部隊にいるとは思いもしなかったから、よく似た奴がいるもんだとまじまじ見つめた。奴も同じ思いらしく、私を見つめている。
「山下君か?」と、声をかけてみた。
「やっぱり谷口さんでしたか」
 二人とも思いがけない場所で出会い、少し戸惑った感じで向き合った。
「どうして同年兵なんです? 先輩―」
 彼の疑問はすぐに分かった。
「俺は七歳で小学校に入ったんだ。だから中学では一年先輩ということよ」
「なあんだ。そうか。本当に同年兵なんだ」
 納得した彼は笑顔になった。まさかと思う大興安嶺の真ん中で会い、懐かしさが先にたった。剣道部で稽古に明け暮れた当時、一年後輩の彼をしっかり扱いたものだった。彼は育ちが良いらしく、おっとりしていて覇気に乏しかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73)2018年11月6日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(73) (三)ブラジル日系文学誌の選者の一人の評について     ブラジル日系文学№二六(二〇〇七年七月)に、体験記として『私のシベリア抑留記』が掲載されたが、これは編集者に乞われたからである。原稿用紙三〇〇枚を三五枚に縮めての記録だから説明不足が随所に現れている。ではなぜ、歴史に […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)2018年11月2日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)  彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]