ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルでも進む高齢化

ブラジルでも進む高齢化

 統一選の最中で余り注目されなかったが、ブラジルでは、10月1日は高齢者に関する特別法発効から15年の節目だった▼発効当時(03年)の高齢者は1500万人で、12年の高齢者は2540万人、17年の高齢者は3020万人だから、高齢化は確実に進んでいる。12~17年の高齢者は18・8%増え、総人口に占める割合も12・8%から14・6%に拡大した。この期間中の人口増加率は4・2%で、1億9870万人が2億710万人に増えたというから、人口増加率の4倍半のスピードで増えた事になる▼社会の高齢化は、地下鉄やバスの優先席が足りず、高齢の乗客が立っていたり、銀行やスーパーで「優先」の札がかかる列の方が長い時があったりする事からも明らかだ。優先席や優先窓口は高齢者の他、妊婦や乳幼児を抱えた人、障害のある人も対象となるから、もう少し数を増やすなどの対応も必要だろう▼他方、最近増えた、高齢者向けのタブレットや携帯電話、音楽視聴用機器などの宣伝は、時代の動きをよくとらえている。知人が80代の両親にインターネットの使える携帯電話を持たせたところ、通信ソフトのワッツアップにはまった。だが、文字入力が困難だというので、文字が大きく使い易い機器もあると紹介した事があるが、娯楽や交際を楽しむ高齢者は増える一方だから、同種の機器は需要が増えるはずだ▼9~10日にかけては、高齢者の介護をする人を養成する講座の受講者や介護者を望む家族が増えている事も報じている。新政権で社会保障や社会福祉がどのように変わるかは不明だが、国の基礎を作った人達に敬意を込めた政策が採られる事を望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?2018年10月4日 幼い時に受けた性的虐待は次世代にも影響?  幼い頃受けた性的虐待の影響は心や体の傷となり、一生残ると何度も聞いて来たが、カナダと米国の大学による研究で、その傷は遺伝子にも残り、次世代にも伝わる事が判明と3日付エスタード紙が報じた▼その記事を見、長女が昔、「幼少時に肺炎を患うと成長後も肺炎を患う確率が高いから注意するよう […]
  • 今も根強い男性至上主義2018年9月27日 今も根強い男性至上主義  26日付2面に25歳のブラジル人男性から暴行を受けた米国在住で22歳のブラジル人女性の話が載っている。男性が全て暴力的な訳ではなく、報道されるのは問題のある例ばかりと知ってはいるが、25日付G1サイトの記事では、男性至上主義に取り付かれた人の怖さを改めて感じた▼酒を飲んだ加害 […]
  • 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃2018年10月2日 「樹海」拡大版=大統領選の候補陣営を隔てる〃バカの壁〃  「人間同士が理解しあうというのは根本的には不可能である。理解できない相手を、人は互いにバカだと思う」――ベストセラー『バカの壁』(2003年、養老孟司著、新潮社)には、そう書かれている。帯には「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、広告には「バカの壁は誰にでもある」という […]
  • 未だに変わらぬ男女の格差2018年9月20日 未だに変わらぬ男女の格差  国連開発計画(Pnud)がブラジルの人間開発指数(HDI)は3年間ほぼ不変で、79位維持と発表した14日、ブラジル人女性は男性より就学年数も寿命も長いが、給与は男性より42・7%少ないとのデータも発表された。格差も加えたブラジルのHDIは96位との話が、腑に落ちる資料の一つだ […]
  • 《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》2018年9月18日 《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》  《人類が滅んだ昼にロボットも空を眺めて伸びをするかな》(天野まゆみ)―第70回全伯短歌大会の折、「コロニア短歌らしかぬ空想科学小説(SF)的な作品だ」と首をひねっていたら、選者の上妻博彦さんが鑑賞批評の中で「なんと現代的な短歌かと思っていたら、孫の作品でした。私が短歌 […]