ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社員とのコミュニケーションは重要だ。でも文化的なズレや食い違いが生じがち。内部ですらうまくいかないのに、外部のお客様に上手にアピールできるだろうか。そんな疑問を感じている駐在員にお勧めのセミナーがある。12日付で報じた「ブラジリアンマインド第2弾」だ。その申し込み期限が18日に延長された。23日午後7時からブルーツリープレミアム・パウリスタで開催。参加申込みは伯日青年会議所(brazilianmind@jcibrasiljapao.org.br)に企業名、名前を記載の上、振り込み証明書を送ること。振込み先は(Banco Santander, AG 4550, CC 13-000084-6, CNPG 53.832.093/0001-87, Câmara Júnior Brasil Japão)まで。
     ◎
 クイックートラベル社は、一日旅行プラン「サンパウロ建築巡り~現代建築編~」を20日(土)午前10時から午後6時まで行う。これは、〃現代建築の宝庫〃とも呼べる聖市内の有名建築群を見て回るもの。インスティトゥット・モレイラ・サレス、カーザ・デ・ビードロ、ホテル・ウニッケほか、ジャパン・ハウスなど7箇所を巡る。MASPなど普段見慣れた施設も含まれるが、ブラジル建築資格を持った日本人コーディネーターによるガイド付き。日本ではありえないブラジル独自の建築的発想など、目から鱗の発見があるかも。料金は大人一人180レ。問合せは、同社(11・2198・8588)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JCI=ブラジリアンマインド第2弾=駐在員向け、伯国の文化を知る2018年10月12日 JCI=ブラジリアンマインド第2弾=駐在員向け、伯国の文化を知る  ブラジル日本青年会議所(村上パトリシア会長、以下JCI)が23日午後7時半から10時まで、ブルーツリープレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, 707, Cerqueira […]
  • 大耳小耳2018年11月8日 大耳小耳  ファッション・デザイナー森永邦彦氏による新展示「A Light un Light」が6日から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 大耳小耳2018年9月28日 大耳小耳  法務省が19日付で公表した在留外国人数は、今年6月末時点で過去最大の263万7251人になったことが分かった。国籍別では、中国、韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピンに次いで、ブラジルは19万6781人の5位。昨年末の19万3798人からさらに増加に転じている。外国人全体の在留資格 […]
  • 大耳小耳2018年9月15日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯 […]
  • 北海道協会=10年前の雪だるまに恩返し=安平町支援イベントに300人=広がる復興支援の輪2018年10月20日 北海道協会=10年前の雪だるまに恩返し=安平町支援イベントに300人=広がる復興支援の輪  先月3日に北海道胆振東部を震源として発生した地震で甚大な被害を受けた安平町――そこと縁のあるブラジル北海道協会(大沼宣信会長)は、「北海道安平町震災支援イベント」を今月12日に開催した。3連休初日の祝日にも関らず、予想を上回る約300人が来場。焼きいかやニシン等の販売 […]