ホーム | コラム | 樹海 | 刺青や大麻に対する受け止め方の違い

刺青や大麻に対する受け止め方の違い

 ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルでの刺青は、おしゃれや意思表示の一つでもある。中には、自殺防止月間にちなんだ図柄を選び、刺青代をキャンペーンに寄付するケースや、一定の図柄の代金を動物愛護団体に寄付する刺青師もいる。また、緊急時用に、糖尿病患者である事や血液型を刺青で示す人や、ひいきのサンバチームのロゴや恋人の名前などを入れる人もいる▼無論、刺青を入れるには年齢制限もあるし、インクの質なども問われる。また、刺青をしている人は採用しない企業や職種もあるから、ブラジルも諸手を挙げて刺青賛成といっている訳ではない。一度入れた刺青は容易にはとれないから、入れる前に熟慮する事も必要だ▼国による文化や思考の差は、大麻への反応でも感じる。17日は、カナダが個人で楽しむための大麻の売買や栽培を合法化した。同様の目的での売買や栽培の合法化はウルグアイに次ぎ、世界で2番目だ。ブラジルはまだ合法化には至ってないが、個人で楽しむための大麻所持なら警察にも捕まらないと聞いた事がある。合法化すれば密売に伴う犯罪行為が減るという意見や、カルドーゾ元大統領も合法化賛成派、大麻合法化を訴える行進が毎年行われるといった情報は、日本から見れば驚きだろうが、ここでは日常茶飯事。慣れて何も考えなくなるのは怖いが、文化の差を認める事は異国居住者の宿命だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝2018年11月17日 ラテン・グラミー=今年もブラジル勢は蚊帳の外=ウルグアイの大物が主要部門圧勝  15日、中南米ならびにスペイン語圏最大の音楽賞、ラテン・グラミー賞の授賞式がアメリカのラス・ヴェガスで行われたが、ブラジル勢は今年も主要部門では蚊帳の外で終わった。  ラテン・グラミーでは毎年、メキシコ、プエルトリコ、コロンビア、そして中南米音楽の母国語の国としてスペインが […]
  • 《ブラジル、サッカー》ヴィニシウス・ジュニオールが全国選手権待望の初得点=レアルと巨額契約で話題の怪童2017年8月23日 《ブラジル、サッカー》ヴィニシウス・ジュニオールが全国選手権待望の初得点=レアルと巨額契約で話題の怪童  「ブラジル・サッカー界の次世代の怪童」こと、ヴィニシウス・ジュニオール(17、フラメンゴ)が、19日に行われた全国選手権の試合で一挙2得点を叩き出し、待望の初得点を挙げた。  U17の南米予選では、7得点という圧倒的な得点数でブラジルの優勝に貢献。その実績ゆえに、世 […]
  • 東西南北2017年3月23日 東西南北  依然として食肉不正問題で揺れているブラジルでは今や、テレビやラジオをつけていても常に関連会社の謝罪もしくは釈明CMが流れている。22日付のサンパウロ州の2大新聞、エスタード紙、フォーリャ紙は共に、経済面で全く同じ内容の1頁の大型広告を出した。それは疑惑の大手企業JBS社による […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • リオ市=W杯観戦者の宿泊場所は=海岸やターミナルは禁止に2014年7月2日 リオ市=W杯観戦者の宿泊場所は=海岸やターミナルは禁止に  自国チームに出来るだけ近い所で応援し、W杯を思い切り楽しみたいという人にとり、宿泊費を浮かせるための格好の場所だったリオデジャネイロ市コパカバーナの海岸やバスターミナルが野宿禁止となった。 1日付エスタード紙などによると、まともな食事や入浴もせず、地面や床で眠り、ヒッチハ […]