ホーム | コラム | 樹海 | 刺青や大麻に対する受け止め方の違い

刺青や大麻に対する受け止め方の違い

 ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルでの刺青は、おしゃれや意思表示の一つでもある。中には、自殺防止月間にちなんだ図柄を選び、刺青代をキャンペーンに寄付するケースや、一定の図柄の代金を動物愛護団体に寄付する刺青師もいる。また、緊急時用に、糖尿病患者である事や血液型を刺青で示す人や、ひいきのサンバチームのロゴや恋人の名前などを入れる人もいる▼無論、刺青を入れるには年齢制限もあるし、インクの質なども問われる。また、刺青をしている人は採用しない企業や職種もあるから、ブラジルも諸手を挙げて刺青賛成といっている訳ではない。一度入れた刺青は容易にはとれないから、入れる前に熟慮する事も必要だ▼国による文化や思考の差は、大麻への反応でも感じる。17日は、カナダが個人で楽しむための大麻の売買や栽培を合法化した。同様の目的での売買や栽培の合法化はウルグアイに次ぎ、世界で2番目だ。ブラジルはまだ合法化には至ってないが、個人で楽しむための大麻所持なら警察にも捕まらないと聞いた事がある。合法化すれば密売に伴う犯罪行為が減るという意見や、カルドーゾ元大統領も合法化賛成派、大麻合法化を訴える行進が毎年行われるといった情報は、日本から見れば驚きだろうが、ここでは日常茶飯事。慣れて何も考えなくなるのは怖いが、文化の差を認める事は異国居住者の宿命だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 新大統領とは対照的な世界最強女性2019年1月4日 新大統領とは対照的な世界最強女性  伯国で、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」は伯人だ▼昨 […]
  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボウソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]