ホーム | コラム | 樹海 | 刺青や大麻に対する受け止め方の違い

刺青や大麻に対する受け止め方の違い

 ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルでの刺青は、おしゃれや意思表示の一つでもある。中には、自殺防止月間にちなんだ図柄を選び、刺青代をキャンペーンに寄付するケースや、一定の図柄の代金を動物愛護団体に寄付する刺青師もいる。また、緊急時用に、糖尿病患者である事や血液型を刺青で示す人や、ひいきのサンバチームのロゴや恋人の名前などを入れる人もいる▼無論、刺青を入れるには年齢制限もあるし、インクの質なども問われる。また、刺青をしている人は採用しない企業や職種もあるから、ブラジルも諸手を挙げて刺青賛成といっている訳ではない。一度入れた刺青は容易にはとれないから、入れる前に熟慮する事も必要だ▼国による文化や思考の差は、大麻への反応でも感じる。17日は、カナダが個人で楽しむための大麻の売買や栽培を合法化した。同様の目的での売買や栽培の合法化はウルグアイに次ぎ、世界で2番目だ。ブラジルはまだ合法化には至ってないが、個人で楽しむための大麻所持なら警察にも捕まらないと聞いた事がある。合法化すれば密売に伴う犯罪行為が減るという意見や、カルドーゾ元大統領も合法化賛成派、大麻合法化を訴える行進が毎年行われるといった情報は、日本から見れば驚きだろうが、ここでは日常茶飯事。慣れて何も考えなくなるのは怖いが、文化の差を認める事は異国居住者の宿命だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 言葉を発する前のためらいや熟慮は?2018年11月8日 言葉を発する前のためらいや熟慮は?  NHKの番組で先日、中高年の男性が「オヤジギャグ」を言うのは、50代をピークに「連合記憶」が活性化する一方で前頭葉の働きが落ち、節制が利かなくなるからと語っていた▼言語学をかじっただけに、「連合記憶」や前頭葉という言葉が懐かしくて聞いていると、年齢や経験を重ねる事で一つの言葉 […]
  • ブラジルでも進む高齢化2018年10月11日 ブラジルでも進む高齢化  統一選の最中で余り注目されなかったが、ブラジルでは、10月1日は高齢者に関する特別法発効から15年の節目だった▼発効当時(03年)の高齢者は1500万人で、12年の高齢者は2540万人、17年の高齢者は3020万人だから、高齢化は確実に進んでいる。12~17年の高齢者は18・ […]
  • イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟2018年10月23日 イグアスの滝、アマゾン河、そして悪魔の洞窟  「これが太古の闇か…」――ガイドが鍾乳洞の電気を消した瞬間、深い感動を覚えた。  「悪魔の洞窟」(Caverna do […]