ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》エドゥアルド「最高裁、兵士で閉鎖できる」=ボウソナロ三男が7月に発言=「もし父が候補資格剥奪なら」=下議選では史上最多得票

《ブラジル》エドゥアルド「最高裁、兵士で閉鎖できる」=ボウソナロ三男が7月に発言=「もし父が候補資格剥奪なら」=下議選では史上最多得票

エドゥアルド氏(左)とボウソナロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

エドゥアルド氏(左)とボウソナロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom/Agencia Brasil)

 大統領候補のジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)の三男で下院議員のエドゥアルド・ボウソナロ氏(PSL)が、7月に「最高裁を閉鎖するには伍長と兵士が1人ずついれば事が足りる」と発言した動画が流出し、物議をかもしている。22日付現地紙が報じている。

 この発言は、エドゥアルド氏が7月9日に、パラナ州の予備校の講演会(講義)で行われた。受講生の一人が「もし、最高裁がボウソナロ氏の大統領選出馬資格を取り消し、就任を阻止したら、軍が介入する可能性はあるか」と質問した際、返答として語られた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ